akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 1040号 金正恩の目指す統一とは

<<   作成日時 : 2018/04/20 07:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[昨日までで、訪問者総数が614,914人になりました。]
金正恩の目指す統一朝鮮とはどんな朝鮮半島なのか。おそらく金日成が描いた「高麗連邦共和国」をイメージすればいいのかもしれない。一民族・一国家・二制度・二政府の連邦制だ。当然主体は正統性がある北朝鮮がとる。文在寅の韓国は北の傀儡政権となる。そして人口7600万人になった半島は中露の後ろ盾で核保有国として東アジアでの強国たらんとするだろう。武力のない日本は半島国家の財布≠ニなるのだ・・・・・・


画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
安倍内閣不支持でも自民党は支持する
-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----

画像◆NHKでも朝日でも、産経でも読売でも、世論調査をすると決まって同じ傾向の結果が出る。それは設問でも回答率でもない。結果の傾向はこうだ。安倍内閣の支持率は一様に低下傾向にある。安倍内閣不支持が支持するを上回る。この傾向は各社同じだ。例えばNHKが9日に行って発表した調査では安倍内閣の支持率は、先月の44%から6ポイント下がって38%になった。一方不支持は38%から7ポイント上がって45%だった。この結果はほぼ各社同じである。

◆学校法人の「森友学園」の国有地売却をめぐる決裁文書の改竄や自衛隊のイラク派遣の日報問題をめぐる隠蔽問題などが国民に「反安倍」の印象を強く植え付けた結果だろう。とくに昼間放映される、情報番組と称するオチャラカ番組で毎日これでもか、これでもかと「反安倍」を煽る印象操作が、ブタのようにブクブクに肥えたばばぁ連中に共感を与えたのだと愚生は感じる。

◆だが不思議なのが各党の支持を問うと自民党支持が圧倒的に多いのだ。例えば今回のNHKの調査では自民党は36.3%から微減の35.4%とほぼ横這いだ。一方の野党はというとこれが惨めな結果だった。立憲民主党が10.2%→8.5%、希望の党0.6%→0.3%と前回から半減した。民進党は1.2→1.4%、共産党は2.6%→2.9%と大きな変化はなかった。この結果をわれわれ視聴者はどう解釈すればいいのか。

◆安倍内閣の不支持率が上がっても野党支持率が伸びない現象をどうみるのか。老獪な小沢一郎(自由党共同代表)はこの結果をこう見た。「野党がバラバラでは支持率は上がりませんよ。自民党に代わる政権の受け皿と、これならまぁまぁ大丈夫かなと、国民が受け取れるような体制を野党自身がつくり上げないと、世論の支持はこないと思う」と話した。

◆愚生はどうも家のおばちゃんやじじ・ばばが情報番組に毒されているか、それとも健全な判断力を発揮したかのどちらかだと思う。大変ありがたい一日中暇な連中は情報番組に釘付けになって見ているから、あの国会での野党の品のない、理性を失った質問を毎日視ているのだ。政府や官僚に上から目線でモノを言う。相手は東大法学部出身の官僚様だぞ。その光景を視聴者は内心、腹立たしく思って視ているのだ。もっと言いようがあるだろう。もっとほかに重要な問題があるだろう。米朝首脳会談に日本政府はどう対応するのか。10%の諸費税は本当に実施するのか…。政府に正さなければならない問題は数多くあるのに、血相を変えて鬼の首をとったかのような野党の質問に辟易しているのだ。これではいつまでたっても野党の支持率はあがるまい。安倍政権は自信をもって突っぱねるに越したことはない。安倍晋三、いまが正念場だ。頑張ってもらいたい。

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
18.04.20
画像



----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----

一民族・一国家・二制度・二政府の連邦制による統一国家

----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----


画像〔金正恩は金日成が提唱した「高麗連邦共和国」を目指しているのか〕

▼5〜6月には米朝首脳会談が実現しそうだ。だが、まだ不確実だ。トランプは完全な非核化を狙っているし、金正恩は獲得した核は手放したくないからだ。平昌五輪で金正恩に振り回された韓国は、むしろ喜んでいるかのようなはしゃぎ振りだ。文在寅はなにがなんでも北との対話を復活して早く南北統一路線に軌道を乗せたいのだろう。

▼昨年11月の「火星15号」(ICBM)の発射実験で、金正恩は米本土に届くミサイルは完成したと確信したのではないか。次の目標は、核抑止態勢の維持強化だろう。残された課題は国内の経済建設に本格的に取組むことだ。文在寅に微笑外交を展開して韓国から最大限の経済支援を引き出す方向に舵をきったのだ。さらに韓国との交渉継続を口実にアメリカの軍事ミッションを封じ込める目的もある。また完成したICBMは戦力として保持し、今後増産体制に入り、対米抑止態勢を確立する思惑もある。北朝鮮の現在の核弾頭保有数は、40発から60発と見積もられている。生産ペースは上がっているとの情報もあり、2020年頃にはアメリカに「許容しがたい損害」を与えることができる「最小限抑止」の段階に達すると予想されるのだ。

▼トランプは北朝鮮空爆を依然として諦めていない。ジェームズ・ノーマン・マティス国防長官も、国土安全保障・テロ対策を担当する新任のジョン・ロバート・ボルトンも内心では北朝鮮の核施設を根絶やしにしたいのだ。ただアメリカの空爆はわが国にとっては複雑である。空爆で北朝鮮の核施設や地下のミサイル格納庫が完全に破壊できるかはやってみなければ分からないからだ。空爆の先制攻撃で生き残った核ミサイルや化学・生物弾頭の弾道ミサイルは、空爆が一段落したら必ず日本や韓国に向け集中発射されるからだ。数十発規模でわが国に着弾したら、わが国は壊滅的に破壊される。わが国のチンケな防衛システムでは全数はもちろん数発の飛来ミサイルを破壊するだけで精一杯なのだ。着弾した核・化学・生物兵器の弾頭で、数十万人から数百万人以上の死傷者が出ると予想される。それに北に拉致された被害者は永遠に帰還できないだろう。

▼仮に米朝間で核・ミサイル開発の凍結・廃棄の合意が成立したとしても、北朝鮮はこれまで何度も核・ミサイル開発を巡り米国や国際社会を裏切ってきた。北朝鮮相手に合意が成立しても、それが守りぬかれた事例はないのだ。金正恩独裁体制が揺るがない限り、時間は北朝鮮側に有利に作用するだろう。さらにトランプ政権のような強硬な政権がいつまでも続くわけではない。今後、北朝鮮に対しより宥和的な政権が登場するかもしれないのだ。金正恩はそのときまで微笑外交を進めて時間を稼ぐ手にでるのではないか。時を待って核・ミサイル開発を本格的に再開するのが狙いだ。

▼米朝が核・ミサイル開発の凍結で合意した場合、中長期的には北朝鮮の核・ミサイル能力は温存されることになる。アメリカの朝鮮半島への介入は後退し続け、その代わりに中露の影響力が強まるのは明らかではないか。核を保有した北朝鮮は中露に対して自立性を要求し、朝鮮半島は従北の文在寅と共謀して、北朝鮮主導の統一が一気に進む。

▼朝鮮半島は核を保有した北朝鮮を中心に統一に向かって動き出す。当然、在韓米軍は撤退し米韓同盟は破棄される。さらに最悪なのは米朝が平和条約を締結することだ。背景には中露の支援が見え隠れすることは勿論だ。この時点まで進めば韓国内の保守は完全に動きを封じ込められて解体するかもしれない。文在寅政権はすでに傀儡化し、金日成の唱えた「高麗連邦共和国」の実現だ。一民族・一国家・二制度・二政府。連邦制による統一を主張するが、連邦議会は北朝鮮の優位を前提としたものになる。実質的な北による韓国の併合だ。

▼北朝鮮空爆でも米朝合意でも、どちらに転んでもわが国は危機的状況に陥る。竹島問題や慰安婦問題などは永遠に解決しない。その上韓国内には強い反日感情が今よりもさらに強く残るだろう。たとえ韓国半島が統一されても情緒的なナショナリズムは依然として残るだけである。朝鮮半島の人口は7600万人の集合体となり、しかも核保有国になるのだ。統一朝鮮の出現は、戦後日本の太平の夢を破り、安全保障環境に激変をもたらすのだろう。このような状況が今後10年以内に到来する可能性はかなり高い。ニッポンはどこにいくのだろうか。愚生には分からない。
-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----




画像



娘船頭さん/美空ひばり〔昭和30年(63年前)〕

〔懐かしい昭和の歌謡曲をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>

♣東京の昭和30年。当時、家の暖房は炬燵と火鉢です。学校から帰ると五徳の上に餅網をのせて餅を焼いて食べました。おやつです。 ♣我が家にはまだテレビも電話もありませんでした。電話は近所の家の電話を借りていました。当時の娯楽はラジオだけです。たまに三流館で大映や東映の時代劇を見に行く程度でした。 ♣雑誌「平凡」の附録に当時の歌謡曲の歌詞を纏めた冊子が毎月ついていました。その平凡の附録をめくりながらラジオから流れる歌謡曲を聴いて覚えたものです。当時は大人も子供もみんな同じ歌を唄っていました。 ♣この年、民間放送の「ラジオ東京」が開局しました。 ♣岡山県の宇野駅と香川県の高松駅を結ぶ国鉄の宇高連絡線紫雲丸が貨物船と衝突して沈没しました。当時この船には修学旅行の小中学校の児童生徒が乗船していました。100名以上の児童生徒が犠牲になったのです。痛ましい事故でした。 ♣昭和30年は敗戦後10年の節目の年でした。
-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----




画像


もう中国に翻弄されることはない

画像〔貴重なレアアースが豊富に含まれている南鳥島沖から採掘された夢のドロだ〕

▼2010年9月7日、尖閣諸島付近で操業中の中国漁船は、これを違法操業として取り締まりを実施した海上保安庁との間で事件は発生した。中国漁船は海保の取り締まりに反抗して巡視船「よなくに」と「みずき」に衝突した。海上保安庁は中国漁船の船長を公務執行妨害で逮捕、石垣島へ連行し、那覇地検庁石垣支部へ送検した。

▼実はこの漁船の船長以下乗組員は漁民兵といわれ、退役軍人を主犯とする民間兵だった。船長の身柄を拘束したことで中国が激怒した。当時の民主党政権の仙谷官房長官らは中国にビビッて2週間で釈放し、中国のチャーター便を手配して帰国までさせたのだ。

▼船長が釈放されると、日本国内では政治団体や市民団体が中国政府の拡張主義と民主党政権の外交姿勢に抗議し都内は連日デモ活動で騒々しくなった。これに呼応するかのように中国でも反日官製デモが頻発した。中国の反日デモは暴徒化し、日章旗を燃やしたり日系商店のガラスや看板を割ったり引き摺り下ろしたりした。さらに中国政府はわが国に圧力を加えた。フジタ社員を拘束したりレアアースを禁輸したりしたのだ。

▼結局、レアアースの禁輸は5年間ほどで解除された。レアアース(希土類)はハイブリッド車(HV)のモーターなどハイテク製品に欠かせない素材だ。わが国は欧米とも共同歩調を取って中国を追い込んだ。最終的に中国は白旗を掲げて禁輸措置の解除とともに輸出枠の撤廃に置き込まれた。日本は中国のレアアースに頼らなくとも、日米欧で共同で開発したアフリカなどからの輸入で凌いだのだ。

▼そのレアアースが今、わが国のEEZ内、南鳥島沖で無尽蔵に埋蔵されていることが確認された。埋蔵量は世界需要の数百年分に相当するといわれている。南鳥島の南西約310キロの海底で採取されたドロの中に大量のレアアースが含まれていることが、東京大学の研究チームの調査で分かった。東大ではイギリスの科学誌にこの成果を発表した。当面の簡単な分析でも南鳥島沖1000㎢で国内需要の230年分に当たる630万トンが埋蔵しているという。

▼海底の夢のドロには、医療用レーザーなどに使うイットリウムが世界生産量の780年分、電気自動車のモーターに使う強力な永久磁石に欠かせないジスプロシウムは730年分、次世代記録素子の材料となるユウロピウムも620年分、プリンターの印字ヘッドに必要なテルビウムも420年分など先端技術に使われる重要な元素が山盛りなのだ。これらの元素は現在、世界生産の9割近くを中国が占めている。ただ難点もある。深さ5700mの海底からどうやって採取するかという技術的な問題だ。これから採掘できる鉱床開拓が急務となってくるだろう。早急に鉱床の事業化と産業化を急ぎたい。「森友」「加計」「日報」でモタモタしている場合ではないのだ。




-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----
画像


-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----✻-----

(15)「北京議定書」

画像〔「北京議定書」。わが国では北清事変と呼ばれたこの義和団蜂起も連合国側の北京占領によって終止符がうたれた〕

▼列国は公使館員と居留民を保護するため、中国沿岸に遊弋していた各国軍艦から一部の水兵を集めて北京に急派した。わが国も軍艦「愛宕」から24名の陸戦隊が参加し、8か国(日、英、米、露、仏、独、墺、伊)は6月10日に約2000名の連合陸戦隊を編成して北京救援に向かった。

▼ところが連合軍は北京近郊の郎房付近で義和団員と清国兵に包囲され、天津に退却せざるをえなくなった。この間に、清国軍は太沽(タークー)砲台の177門の全砲門を開いて列国の艦艇に攻撃をはじめた。

▼一方北京では日本公使館の杉山彬書記生とドイツ公使ケットレルが殺害される事件が起きた。8か国は本格的な武力行動に踏みきる。日本も福島安正少将を司令官に歩兵約1個連隊基幹の混成部隊が塘沽に上陸し、総兵力約1万7000の連合軍とともに天津攻撃に参加した。

▼連合国の本格派兵を知った西太后は、このさい一挙に外圧を排除しようと、1900年(明治33)6月21、連合国に対して宣戦を布告した。連合国はさらに部隊を増派すると8月14日、北京に攻め入り、3か月ぶりに籠城を強いられていた各国公使館員や居留民を保護したのだ。わが国ではこの事件を「北清事変」と呼ぶ。

▼その後義和団の蜂起も、連合国側の北京占領によってほぼ終止符がうたれた。翌1901年(明治34)、清国が連合国側に総額約6億3000万円余の賠償金を支払うことで講和は成立した。この講和で締結されたのが「北京議定書」(辛丑(しんちゆう)和約)である。。

▼「北京議定書」により連合国は北京に治外法権の公使館区域を設定して外国軍が駐屯し、さらに北京から山海関にいたる沿線の要地にも外国軍の駐兵権を認めるという、中国の主権を一方的に踏みにじる内容も盛り込まれていた。当然、日本軍の駐兵も認められた。後の盧溝橋事件の発端となる部隊がこの駐屯部隊である。(続)

〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は4月25日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・NEWSポストセブン電子版・週刊実話電子版・週刊女性自身電子版・週刊女性セブン電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1040号 金正恩の目指す統一とは akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる