akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 1005号 「核」を持たなければ抹殺される

<<   作成日時 : 2017/10/20 07:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[前号までで、訪問者総数が557,194人になりました。]
朝鮮動乱の休戦協定以後、支那もソ連も引き揚げた。金日成は身勝手な中ソの引揚げに孤独感を味わったことだろう。その怨念から1980年代から核開発に着手したとみられる。金日成の跡目の金正日はお父っつぁんの意思を継ぎ、妾に産ませた子・金正恩がまたお父っつぁんの意思を継いだ。三代目の首領は核≠放棄したが為にブッシュに抹殺されたサダムとカダフィを目の当たりにしている。トラウマとなってしまった・・・・・・



画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
画像◆首都圏で小池離れが顕著だ。小池ばぁばぁの、いかにも知ったかぶりで横文字を連呼し、上から目線で市民を見下す、あの垂れ目が気に喰わない。だいたい包容力のある大人はめったやたらに横文字は使わないものだ。しかも小池ばぁばぁの横文字はアラビア語訛りだ。反吐が出る。

◆そんな小池に、バッジ欲しさに雪崩れ込んだ「安保法制」反対の民進党議員。さもしい。生活の糧を議員報酬だけに頼り、政務調査費や政治献金など少しでもカネになることならなんでもする。だから信条も主張もない。悍(おぞ)ましい「転向」だ。そして当選した暁には小池から離れて「民進」に帰依し直すという。有権者愚弄も甚だしい。

◆前原のやったことはノータリン≠セ。集団的自衛権や自衛隊の加憲に同意する者だけの「転向」にしておけばよかった。小池も小池で、「民進党との合流はさらさらない」と毒を含めた言い方をしたから、安倍が嫌いな都民も「希望」離れをした。

◆あの都議選の勢いはいまはない。都民も国民もそんなにバカで甘くはない。「踏み絵」を踏まされた連中は後悔しきりだろう。しかし当選しなければなんの意味もないから、そりゃ、必至だ。「ただの人にはなりたくない」思いがひしひしと伝わる。

◆小池の側近と言われる若狭はもっと悲劇だ。党運営も選挙の「せ」の字も素人のくせに、風で「百合子、ゆりこ、ユリコ!」と擦り寄った。その挙げ句が、小池離れだ。多分落選するだろう。厚化粧の大年増に熱を上げたツケだ。

◆明らかに自民に風は吹く。いくら小選挙区制とはいえ、総得票数が野党の合計より少なくても、勝てば官軍だ。国民もバカではないから、将来的な見通しもない「原発中止」や、解決の目途もない「北朝鮮との対話」には、明らかに嫌気が窺える。自衛隊の加憲は認められないと叫んでいた連中は、さも悔しいだろう。風の向きを読み違えたのだ。安倍首相の街頭演説を組織的に妨害したバチだ。国民はそんに愚かではない。じっとその行動を見ている。

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
17.10.20
画像



----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----

核保有こそが生き残る道だ

----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----


北の核を認知すれば青瓦台は落城する

画像〔朝鮮人民軍に攻撃されて落城する青瓦台〕

▼北朝鮮がまたミサイル搭載の移動式発射台を動かした。米韓両軍による共同演習に備えた動きか。原子力空母を中心に40隻を超える艦艇を日本海などに展開する。もしこの共同演習中に北朝鮮がミサイル発射に踏み切れば、偶発的衝突を引き起こす危険は大だ。

▼北朝鮮は動画で何度もアメリカを挑発する。直近ではニューヨークに核をぶち込む動画が極めつけだ。「無慈悲な鉄槌を下す作戦が承認された」「日本は水爆で海に沈めてやる。日本は、もはや我が国の近くに存在する必要を認めない」と凄む。「アメリカが対等と認め、かつ共和国(北朝鮮)の核プログラムに口出しをするな」と勝手な要求をする。

▼金正恩と労働党にはサダムとカダフィがトラウマとなっている。ブッシュに、核を持つなと脅し上げられ、第三世界の国々が核放棄を受け入れた瞬間、サダムもカダフィもあっさり殺されてしまった。この事実が金正恩の脳裏から消えない。

▼いま対話により北朝鮮の核保有を認めれば、北はすぐに韓国の取り込みを図るだろう。なにしろ南では文在寅が揉み手して待っているのだ。北朝鮮の核保有が認知されれば、半島は瞬く間に赤化される。

▼半島が赤化統一されたら、北朝鮮は「対馬は朝鮮領だ」「慰安婦と徴用工に金を払え」と言い出すことは間違いない。さらに先の戦争の「賠償金」を要求してくる。「賠償金」は日韓基本条約で既に払っている。北朝鮮の分も含めてだ。だから金正恩は激情して狂喜の如くわが国を「核」で脅しにかかるだろう。

ソ連が北に総督府を置けばよかったのだ

画像〔休戦協定締結後、ソ連が北朝鮮内に総督府を置けば、今の北朝鮮の体制はなかったはずだ。わが国は朝鮮に総督府を置いて、間抜けな鮮人を管理監督したから、発展したのだ〕

▼北朝鮮が核保有に目の色を変えるのは、勿論それなりの理由がある。大東亜戦争だ。わが国が敗戦によって半島から手を引いた後、朝鮮半島は南北に分かれた。

▼分断された半島は、北半分はソ連の援助で傀儡政権が誕生する。北朝鮮朝鮮人民共和国だ。一方南は国連軍と称してアメリカ軍が進駐した。

▼ソ連は北朝鮮の首領・金日成に戦争をしかける。大量の武器を金日成与えて朝鮮動乱を煽った。北が負けそうになるとソ連はさっさと引き揚げる。スターリンは実に薄情だ。代わりに金日成を支援したのが毛沢東の支那だった。当時、支那には6億の民がいた。北朝鮮に支援できるのは「人民」しかない。毛沢東は北に大量の戦闘員を送り込んだ。人海戦術である。

▼朝鮮動乱は1953年7月27日、休戦協定を結んで取り敢えず戦闘状態は終わった。「最終的な平和解決が成立するまで朝鮮における戦争行為とあらゆる武力行使の完全な停止を保証する」と規定した協定だ。

▼この休戦協定に大韓民国は調印していない。しかし国連軍(米軍)とソ連はこの休戦協定により事実上の国境である軍事境界線を確定したのだ。北緯38度線である。

▼休戦後、韓国には引き続き米軍が駐屯した。そして密かに核兵器も持ち込んだ。北ではソ連が朝鮮動乱で貸与した兵器の代金を取り立てて去っていった。支那も人民解放軍を駐屯させるこなく、さっさと引き揚げた。この時点でソ連は戦前わが国が統治した「総督府」を置いておけばよかったのだ。そうすれば今の北朝鮮ではなかったはずだ。ただ口先で共産国同士の熱い友誼を語っただけで去っていったのだ。

実は日本に憧れるチョーセン人

画像〔北朝鮮の国章には戦前わが国が建設した水豊ダムがあしらってある〕

▼中国もソ連もなぜ北からさっさと去っていったのか。筑波大の古田博司教授によれば「朝鮮人は誰からも嫌がられる民族性」だからだと言う。自意識過剰で自民族優位を抱くチョーセン人の性格を見抜いての撤退だったのだろう。

▼かつての宗主国だった支那、ロシア(ソ連)、日本から忌み嫌われる鮮人だったが、南の大韓民国は1992年、突如中国と国交を樹立したのだ。「一つの中国論」に従って中華民国(台湾)と断交し、中華人民共和国と国交樹立を選択した。これは金日成にとってショックだった。

▼北朝鮮は支那(中国)に淡い恋心≠抱いていた。それが突然袖≠ノされたのだ。金日成に走った衝撃は大きかった。見捨てられたと絶望的な孤独感と僻みと恨みに燃え上がった。

▼金日成はこの時に覚悟したのだろう。秘密裡に核に手をだした。1993年だ。中韓国交正常化とまさに符牒が合うではないか。その後北朝鮮は核不拡散条約から脱退する。そして核保有に全力をつぎ込むのだ。

▼北朝鮮の孤独感や疎外感は意外と強い。「皆から嫌がれる種」だということを彼はよく分かっている。だからこそ相手をしてもらえる核を選択したのだ。金正恩が「対等につきあえ!」と恫喝するのもこの劣等感からくる。

▼現にいまも北朝鮮の国章には日本が築いた水豊ダムをあしらっている。鮮人の心性には、実は、いまでも「日本」に対する憧れがあるのだ。しかし「売春婦問題」や「徴用工問題」などで「反日」が表に出てくる。支那やロシア、日本から嫌がられていた種であることへの反動からか、その怨念の気持ちが強いのだ

▼古田先生や安倍首相の言ではないが、こんな連中とは金輪際付き合わないことだ。愚民め!




画像


赤とんぼ/詞・三木露風 曲・山田耕筰

〔懐かしい童謡・唱歌・青春歌をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>




画像


報道しない自由だってか

画像〔加戸発言はメディアで殆ど取りあげられることはなかった〕

▼偏向報道が激しい。とくに総選挙が始まってからが酷い。根っからのノーテンキ気で無学の愚生もテレビを観ていて感じるのだ。

▼とくに10/15の「サンデー・モーニング」(TBS)は酷かった。どう公平に見ても安倍自民党の批判であり、野党に投票しろという内容だった。司会の関口宏からして偏向した司会をする。似非コメンテーターは頭に乗って安倍憎しを顕す。

▼テレビや新聞の報道で極めつけは、やぱっり閉会中審査の「モリカケ」問題だろう。愚生に言わせればなんにも問題はないのだ、だが野党は執拗に臆測で追求する。この審査状況を最初から最後まで偏向NHKのLiveで観ていた。

▼元愛媛県知事の加戸守行は元文部官僚だ。文科省のやりそうなことはすべて熟知している。その加戸が閉会中審査の国会でこう発言した。「(前川の)『行政がゆがめられた』という発言は、私に言わせますと、少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴を開けて頂いたということで、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい発言ではないのかなと思います」

▼しかしこの発言は安倍憎しで追い落とそうとしている「朝日」「毎日」「東京」の各新聞と「NHK」をはじめ「TBS」「テレ朝」など反日放送機関はこぞって加戸発言を報道しなかった。いや、報道しても前川の発言量と較べて極めて少なく報道したのだ。その日のテレビを観ていて、これは偏向編集だと感じた。

▼因みに当日の各新聞社の加戸発言の掲載量を見ると次のようになる。
産経 一般記事で-50行 詳報記事で-53行
讀賣 一般記事で-68号 詳報記事で-4行
東京 一般記事で-11行 詳報記事で-5行
日経 一般記事で-9行  詳報記事で-なし
朝日 一般記事で-なし  詳報記事で-20行
毎日 一般記事で-なし  詳報記事で-19行

▼テレビも同様だ。一般社団法人日本平和学研究所の調査では、7月10日〜11日にかけてNHKと民放キー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)のこの問題の放映時間を調査した。合わせて8時間44分59秒間だという。このうち「初めから加計学園と決まっていた」という前川の発言にはなんと2時間33分46秒も放映した。一方、「前川の主張はまったくの虚構だ」という国家戦略特区ワーキンググループの原英史委員発言は2分35秒、「岩盤規制にドリルで穴を開けた」という加戸発言は6分1秒だった。前川の放送時間が、加戸の実に25倍以上だった。尋常ではない。

▼戦後のわが国のメディア史上、これは大汚点だ。大偏向番組である。国民に事実を伝えるという本来の役割を忘れた印象操作だ。「報道しない自由」を行使しての安倍たたきに没頭したこのようなメディアは免許取り消しや、大手企業の広告掲載の自粛などの対策で締め挙げる以外にない。NHKには受信料の未払いで抵抗する。結局、こんな偏向番組を「反自民」「反日」で流している以上、自ら首を絞める結果になるだけなのだ。メディアは信用するな!




-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----
画像

-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----

(49)住友財閥の令嬢誘拐事件

画像〔令嬢誘拐事件の犯人・樋口芳男(左)〕

▼戦後初の公開捜査になった事件があった。住友財閥の令嬢誘拐事件である。

▼1946年9月、当時12歳だった白百合高等女学校附属初等科6年生の少女が何者かに誘拐された。戦後初の大公開捜査となった。ここまで大がかりな捜査に発展したのは、誘拐された少女が、住友財閥の令嬢だったからだ。

▼誘拐から6日後、事態は急変する。犯人からの身代金の要求といった脅迫状なども届かないうちに、令嬢は犯人と一緒にいるところを無事に保護されたのだ。

▼人々を驚かせたのは、誘拐された令嬢のコメントだった。令嬢は犯人を「優しいお兄さんだった」と言い、初めて映画を観たり、化粧箱を買ってもらい、楽しかったと話したのである。

▼犯人は当時22歳の樋口芳男という男だった。樋口は戦時中も男爵家の令嬢を3日間連れまわして逮捕されているが、敗戦のどさくさに紛れて刑務所から脱走している。

▼その後、日本帝国工業専務の令嬢誘拐事件が起こった。こちらは半年間も一緒に暮らして身代金を要求。まんまと身代金を奪って逃走していた。

▼どの令嬢も無事に帰宅した。樋口の当初の目的は身代金だったようだが、令嬢たちといるうちに、一緒に過ごすだけで満足したようだ。

▼なお、住友家令嬢誘拐事件で逮捕された樋口には、その後懲役10年が言い渡された。(続)

〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は10月25日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・NEWSポストセブン電子版・週刊実話電子版・週刊女性自身電子版・女性セブン電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1005号 「核」を持たなければ抹殺される akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる