akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 997号 関東大震災 誰が朝鮮人虐殺を広めたか

<<   作成日時 : 2017/09/10 07:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[前号までで、訪問者総数が531,694人になりました。]
1923(大正12)年9月1日、十数万人の死傷者を出した大震災が、関東を襲った。関東大震災である。政府はこの日を忘れないために、「防災の日」と定めめた。この「防災の日」を中心とした1週間は、新聞を初めメディアも特集を組む。そして毎回取りあげられるのが「朝鮮人虐殺」だ・・・・・・



画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
画像◆メディアとテレビの安倍潰しが止まらない。とくに朝日、毎日、東京は酷い。まるで「反日」プロパガンダだ。テレ朝もTBSがメチャクチャだ。ワイドショウで安倍を叩き、視聴者を煽る。週刊誌もおしなべて安倍潰しに邁進する。

◆安倍の自衛隊加憲が「反日」メディアに与えたインパクトは大きかった。安保法制や共謀罪のときと同じ勢いで「森友」「加計」「日報」で安倍を叩く。改憲を阻止したいからだ。

◆護憲、ゴケンと叫ぶが、憲法を守れば戦争に巻き込まれないのか。民進党は「安全保障法制は憲法違反の下でつくられた」と言う。北朝鮮が北海道の近海にミサイルを落とし、水爆を実験して脅しをかけているときに、まだこんな寝ぼけたことをいっている。

◆「ソウルを火の海にする」と脅し、在日米軍の基地を攻撃目標にしていると言って憚らない金正恩だ。本当にやるかもしれない。

◆アメリカのランド研究所は米朝戦闘を予測する。そのシミュレーションによると、北を叩くのに、早ければ数日で終わるという。北は空爆で破壊される前にミサイルをすべて発射するだろう。国境付近には300発のミサイルが配備されているのだ。同時に50発は撃てる。

◆地上戦ではアメリカ軍とダメなコリア軍が北朝鮮側に侵攻するかもしれない。中国軍もこれに反発して北朝鮮に侵攻するだろう。双方でミサイル攻撃の撃ち合いだ。死者は数万人になる。

◆計画で戦争はできない。ちょっとした偶然で起こる。第一次世界大戦は、オーストリアの皇太子が暗殺された事件をきっかけにして起きた。朝鮮半島も小さなミスから全面戦争に発展する危険がある。

◆「平和憲法を守ったら北朝鮮が攻撃しない」という保証はない。集団的自衛権を行使しないから戦争に巻き込まれないという保証はない。朝鮮半島で戦争が始まったら在日米軍基地が攻撃され、わが国は自動的に戦争に巻き込まれるのだ。

◆もし、アメリカ軍が撤退して、わが国独自で「自主防衛」体制を整えるとすると、一体何年かかるのか。その間に北朝鮮や中国が攻撃してきたらどうするのか。

◆安保法制では「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」でないと武力行使はできないことになっている。ばかな規定だ。

◆ミサイルが飛んできても、これは存立危機事態なのかを議論するのか。国会に諮って、違憲か合憲を審議し、誰も責任を取らないのか。わが国の国民は何万人も死んでしまうだろう。憲法は生命よりも大事か。実にバカバカしい。平和呆けした日本人だ。

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
17.09.10
画像



----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----

朝鮮人虐殺というウソ

----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----


「防災の日」の慰霊

画像〔関東大震災で犠牲になったチョーセン人は、船橋市立馬込霊園内に石樋を建て在日朝鮮人が弔っている〕


▼9月1日――。
1923(大正12)年9月1日、十数万人の死傷者を出した大震災が、関東を襲った。関東大震災である。政府はこの日を忘れないために、「防災の日」と定めめ、首相をトップに防災訓練が実施される。
「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」。啓発日である。

▼この「防災の日」を中心とした1週間は、新聞を初めメディアも特集を組む。そして毎回取りあげられるのが「朝鮮人虐殺」だ。

▼この日東京都は、墨田区の東京都慰霊堂で東京大空襲の犠牲者と共に、関東大震災で犠牲になって亡くなった人たちを追討し、慰霊する法要が営まれた。この法要には国籍を問わず、全ての犠牲者が含まれるのだ。

▼一方、在日朝鮮人は、大震災当時、官憲や市民の「自警団」の手により殺害された同胞の犠牲者を独自で法要するのだ。都知事は毎年、この法要には追悼文を送っていた。在日朝鮮人の「関東大震災犠牲同胞慰霊碑」は千葉県船橋市立馬込霊園内にある。高さ5m、幅2mの立派なものだ。

▼しかし愚生の嫌いな小池都知事は、今年の「防災の日」に追悼文を送付しなかった。慰霊堂での法要で、全ての犠牲者を供養しているというのが理由だ。本心はどこにあるのかは分からない。

朝鮮人虐殺があったと信じる朝日

画像〔9割以上が倒壊して、下町は壊滅状態に陥った〕

▼朝日新聞は9月1日付の社説で、
《(関東大震災で)朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだといったデマを信じた人々によって、朝鮮人虐殺があったのは動かしようのない事実だ》
 と断定した社説を掲載した。
《16歳だった社会学者の故清水幾太郎も、兵隊らが銃剣の血を洗うのを目撃した。一人が得意そうに『朝鮮人の血さ』と教えてくれたと書き残している》
 朝鮮人虐殺があったことをまことしやかに書く。あの大震災で、日本人は本当にチョーセン人を虐殺したのだろうか。

▼工藤美代子(作家)の母は大正11年の生まれだ。当時の記憶からこう言った。
「あの時ね、朝鮮人の襲来は流言蜚語だなんて急に言われ始めたけれど、そんなことは嘘だって地元じゃみんなが知っていた。放火だって実際にあったそうよ。でもね、普通の朝鮮人を虐殺するなんてことはあり得ないって、何度も聞かされたわ」

▼大震災に乗じて「朝鮮人虐殺」は本当にあったのだろうか。国民は途方もない謀略宣伝の中でそう信じ込まされてきたのではないだろうか。

▼関東大震災は気象学で関東地震という。震源地は相模湾の海底で、M7.9。激震の区域は東京、神奈川、千葉、埼玉、静岡、山梨、茨城など広範囲に亘った。とくに震源地に近い小田原から鎌倉、横浜が最も激しい振動に見舞われた。家屋の倒壊は50%以上、地域によっては9割近い建物が倒壊し壊滅状態となったという。

朝鮮人の襲撃に備えろ

画像〔町内では朝鮮人の襲撃に備えて自警団が組織された〕

▼関東大震災当時、東京にどのくらいの在日朝鮮人がいたのか。定かではないが、8万人以上はいたという。

▼大震災後すぐに「朝鮮人が襲撃する」という噂が横浜から広まった。「朝鮮人がこの震災に乗じて、殺人、強姦の上、井戸に毒を入れるらしい」という噂だ。噂は瞬く間に東京市内(当時)に流れ込んだ。

▼当時、この情報に最も深く関わったのが、東京帝国大学で教壇に立ち、大正デモクラシーの立役者となった吉野作造(博士)だった。

▼吉野は震災当日の状況をこう述べている。
「流言の発生は自転車に乗った男が朝鮮人の襲来を喚き散らしながら荏原の一帯を恐怖に陥れたのがきっかけだ」
「震災のため、極度の不安に襲はれた市民は戦慄すべき流言蜚語に脅かされた。之がために市民は全く度を失ひ、各自武装的自警団を組織して、諸処に呪ふべき不祥事を続出するに至った」
「一時的にも其れが全市民の確信となった…荒唐無稽な流言蜚語が伝播されたのは、大正12年9月2日正午頃からである」

▼関東大震災の文献によると、当時の朝鮮人の行動は凶暴を極めたという。「二百十日から二百二十日迄の間(立春から数えて210日目の日から220日目の日)に帝都を中心として暴動を行ふ計画をして居たが、偶々(たまたま)大震災が起ったので、其の秩序の混乱に乗じて、予ねての計画を実行したのである」
「彼等は、東京、横浜、横須賀、鎌倉等の震災地に於て、掠奪、虐殺、放火、強姦、毒物投入等あらゆる凶行を行って、六連発銃、自刃を以て隊伍堂々各地を荒らしたのである」

▼当時の市民には、自分の住む町内は可能な限り自力で守る、という伝統があった。かつて江戸町内には「自身番」という組織があった。町内の治安維持にあたる自衛組織である。また町民は町内警戒のため「番所」という詰め所も設置していた。

▼震災発生直後から自警団は改めて強化された。消防関係者、成年男子、トビ職など在郷軍人を主軸に、各町内で次々に武器の調達を開始したのだ。勿論、朝鮮人の暴挙に対抗するためである。

朝鮮人虐殺を広めたのは反日日本人だった

画像〔不逞鮮人の凶暴を報じる新聞記事〕

▼朝鮮人による襲撃事件が決して「流言蜚語」ではないことがわかる新聞記事がある。当時の『東京日日新聞』(現毎日新聞)はこう書いた。
《大正12年9月3日 不逞鮮人各所に放火 帝都に戒厳令を布く
一日正午の大ヂシンに伴ふ火災は帝都の各所より一斉に起り、二日夕刻までに焼失倒壊家屋40万に上り死傷算なく、…ヒナン民は隊を組で黒煙たちこむる市内を右往左往して飢に瀕し、…三菱地所部も丸の内で避難民のために炊き出しを行った。
二日未明より同日午後にわたり各署で極力捜査の結果、午後4時までに本郷富坂町署で6名、麹町署で1名、牛込署管内で10名計17名の現行犯を検挙したがいづれも不逞鮮人である》

▼さらに別の記事では――
《大正12年9月3日 日本人男女 十数人ころす
目黒競馬場をさして抜刀の儘(まま)集合せんとせし不逞鮮人の一団は、横浜方面から集まったものらしく、途中出会いせし日本人男女十数名を斬殺し後憲兵警官隊と衝突し三々伍々となりすがた影を隠したが、彼等は世田ケ谷を本部として連絡をとってをると》
 以上は当時の『東京日日新聞(現毎日新聞)の記事だ。朝日も、当時弱小の地方紙だった讀賣も同様の記事を掲載した。

▼被災に打ちひしがれていた東京市民は、この暴挙に立ち上がった。不逞鮮人に立ち向かったのである。しかし近現代史では、なぜ根拠もなく「朝鮮人虐殺」が肥大化していった。偏執狂の大江健三郎は、国家テロに立ち向かう自警団や治安部隊を「ナショナリズムの異様な突出」と短絡的に捉えた。進歩的といわれるアカ≠ノ染まった輩が、「反日」で広めてきたのだ。

▼嘘の数字を羅列して、「朝鮮人虐殺」は確実にわが国民に刷り込まれてしまった。簡単には拭いきれない。チョーセン人虐殺どころか、東京市民が不逞朝鮮人から受けた影響のほうが極めて大きいのだ。

▼結局、「朝鮮人虐殺」は、正確な検証がなされないまま、悪意による「朝鮮人虐殺」がまかり通ってきたのだ。当時の社会情勢から、「朝鮮人虐殺」説の裏には過剰な謀略宣伝があったのは言うまでもない。

▼朝日社説はこう結ぶ。
《在日コリアンたちへのヘイト行為が公然となされ、ネット上で関東大震災での虐殺は、朝鮮人が起こした暴動への正当防衛だったなどの虚説が飛びかうのを見ると、災害時の流言飛語がはらむ危うさは、決して過去の話ではない》
 なんと空々しい見識か。

▼関東大震災時の起きた「朝鮮人虐殺」説は、極めて政治色の強い捏造であることは疑う余地はない。93年前の大災害を、もう一度、改めて検証するべきではないか。慰安婦、徴用工の次は、93年前の「朝鮮人虐殺」だといって、手ぐすね引いているチョーセン人だ。「慰安婦」や「東海(トンヘ)」「徴用工」などの二の舞を踏んではならない。今からでも遅くない。真実の証明を一刻も早く、政府として行うべきだろう。




画像




誰もいない海/トワエモア〔1970〈昭和45〉年〕今から47年前のヒット曲です。信じられないくらい新鮮じゃないですか。わけのわからない今の素人のJポップとどっちがいいですか。

〔あの懐かしいオールディーズのポップスと流行歌をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>




画像


日本に負けたわけではないってか

画像〔Jアラートの作動で停車した函館の市電〕

▼8/29、北朝鮮のミサイル発射は世界を震撼させたことは記憶に新しい。わが国ではJアラートが、曲がりなりにも作動して早朝の国民は、ポカンとして聞き流した。

▼韓国でも平和呆けが浸透している。北朝鮮と国境を接していながら、ミサイル発射の察知はわが国よりも遅かった。韓国メディアはこれが気に喰わない。日本に負けたと感じたのだ。

▼韓国軍当局がミサイル発射を発表したのは6時6分だった。わが国よりも8分も遅れだ。

▼NHKは午前5時58分、北朝鮮ミサイル発射を報じた。これがわが国の第一報だ。政府はただちに該当地域に避難を呼び掛ける。避難指示は北海道・青森・岩手・長野など12道県だ。

▼他のメディアも午前6時2分ごろには「国民保護に関する情報」として緊急速報を流した。建物の中や地下に避難するよう繰り返し呼び掛けたのだ。

▼一方韓国は、聯合ニュースがNHKのニュースを引用して報じたのが6時16分。わが国のメディアの10分後である。

▼しかしそこは腐ってもメンツだけで生きるチョーセン人だ。韓国合同参謀本部はこう詭弁を弄した。
「日本のJアラートは機械的な早期警報システムだ。通常のメディア報道ではない。実際のミサイル発射に対する国民への伝達は韓国軍と韓国メディアの方が先だった」
 嗤うに嗤えない。緊張感がないのだ。常に日本との勝ち負けを意識する。国家の大事でも日本の出方を見ているのだ。




-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----
画像

-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----

(41)物価が100倍になる

画像〔1950(昭和25)年1月には1000円札が登場した〕

▼敗戦から5年後、1950(昭和25)年、驚異的な物価上昇が起こった。ハイパーインフレである。物価はほぼ全品が100倍になった。米の値段が70倍以上になる。激しいインフレーション(インフレ)である。

▼1945年には60円だった巡査の初任給は、1949年には3772円と60倍以上になってった。

▼紙幣だけが増えたことによるインフレの第一の要因は、戦時中に臨時軍事費を一挙に使いきってしまったことだった。臨時軍事費とは、陸軍や海軍の作戦遂行のために設けられた特別会計である。1945 年度の臨時軍事費は850
億円で、本土決戦に備えて、ほとんどの臨時軍事費が軍需会社に手渡されていた。

▼しかし資源不足で軍需物資の生産ができないうちに敗戦を迎えたことで、大量の紙幣だけが市中に放出されたのだ。

▼さらに外地から600万人以上もの引揚者があったことからモノ不足が生じた。このため、日本は通貨の供給過剰と極度のモノ不足でインフレに陥った。

▼庶民はその日の米を買うことすらままならず、生きるために次々と預金を引き出してはヤミ物資を買いあさった。ヤミ値は高騰し、さらにインフレを加速させたのである。(続)

〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は9月15日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・週刊実話電子版・週刊女性自身電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

997号 関東大震災 誰が朝鮮人虐殺を広めたか akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる