akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 986号 瓦解間近の民進党

<<   作成日時 : 2017/07/15 07:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[前号までで、訪問者総数が508,400人になりました。]
都議選で敗北したのはなにも自民党だけではなかった。民進党も無残な敗北だった。一体、民進党から何人が都民ファに流れたのか。この民進党からの集団脱走は終わりの始まりだ。過去に自分たちが推進して容認してきた消費税に反対、TPPも、秘密保護法制も、安保法制も、憲法改正論議も、共謀罪も、すべてに反対してきた。「安倍政権を許さない!」という気違いじみた執念が国民、都民に見限られたのだ。いずれ瓦解するだろう・・・・・・



画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
画像◆北朝鮮が「火星14」型弾道ミサイルを北西部の平安(ピョンアン)北道亀城(クソン)付近から日本海に向けて発射した。7/4午前9時39分ごろだった。

◆飛翔体はロフテッド軌道で打ち上げられ、高度は2500キロを超えた。約40分間、930キロを飛行して日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾した。北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に「成功した」と重大発表した。時あたかも、アメリカの独立記念日だった。核兵器とともに、世界のどの地域も打撃することのできる最強のICBMだ。

◆発射実験はロフテッド軌道を取れば、ミサイルの落下速度は極めて速くなる。現在のミサイル防衛(MD)では迎撃が困難なのだ。わが国は一段と脅威が増したと捉えるべきだろう。だが、見よ! 国会は「モリ」だ「カケ」だと大騒ぎだ。そこにはわが国の安全を脅かす北朝鮮の“キ”の字もない。

◆5/3、憲法記念日で安倍総理は、九条に3項を加憲して自衛隊を明記し、憲法違反≠ニいう汚名を払拭しようと試みた。まさに自衛隊を実質的な軍隊として位置づけたいという思いからだった。

◆この安倍提言に猛反対したのが野党や反日憲法学者、反日文化人、反日メディアと共に一部の自民党員だった。

◆折しも都議選で自民党は大敗し、安倍政権は追い込まれていた。追い打ちを欠けたのは野党やメディアだけではない。身内の自民党からも批判が続出した。現役では石破を筆頭に、ポスト安倍を狙う派閥に多かった。また外野では、あの毒饅頭≠フジジーが余計なことを言った。被差別部落出身の野中広務だ。

◆この下賤クソジジー、安倍政権が嫌いなのだ。憲法改正に反対する。「再び戦争になる歴史を歩むべきではない」と部落民を手厚く庇護するいまの憲法が大好きなのだ。

◆「私みたいに戦争に行き、死なずに帰ってきた人間としては、再び戦争になるような歴史を歩むべきでzはない。これが信念だ」と強調する。それはそうだ。誰だって戦争にいって死にたくない。それと自衛隊を合憲にするのとは話が違うだろう。

◆座して死ぬべきか、はたまた、決起して戦うべきか。安倍総理の改憲にはわが国の存亡がかかっているのだ。軍靴の音が聞こえる!≠ネどと反対派は情緒的に言う。大衆を煽る。だが本当に北朝鮮のミサイルが飛んできたら、どうするのだ。日本沈没だろう。石油コンビナートに一発着弾してみろ。一瞬にして国民の生活が奪われるのだ。いや、生命が吹っ飛ぶのだ。反日日本人だけ死んでくれればまだしも…

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
17.07.15
画像



----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----

もう民進党は終わった

----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----


森友学園の土地はゴミ捨て場だった

画像〔野田中央公園。かつてゴミ捨て場だった土地を、野田市は僅か2000万円で国から払い下げてもらった。口利きは辻元清美だった〕
▼国会が閉会して、都議選が終わって、落ち着いて現状を振り返れば、沈没したのは自民党と民進党だった。なにか空しさだ漂う。民進党の一連の「学園もの」は、民進党が生き残りを賭けた茶番劇のなにものでもなかったからだ。

▼「森友」と「加計」の内部情報(内部告発)を得た民進党が小躍りして喜んだのは言うまでもないだろう。これは政治闘争になる、と踏んだのだ。朝日新聞やテレビ朝日、TBS、NHKなど「反日メディア」とスクラムを組んで大キャンペーンを張った。

▼しかし哀しいかな、これが成功しなかった。都議選で自民党は大敗北を喫したものの、それでもまだ内閣支持率は40%近くある。民進党は相変わらずの8%だ。国民は分かっている。都議選で秋葉原で安倍総理が演説したとき、バカ騒ぎした「反安倍」の様態をしっかり見ていたのだ。声には出さないが、この光景を決して好ましいとは見てはいなかった。

▼森友学園問題で、民進党は「8億円の値引きが安倍総理の意向を忖度したものだ」という線で大騒ぎしたが、平成21年、隣の豊中市の野田中央公園が14億円も値引きして払い下げを受けていたのを忘れていた。民主党政権時代である。

▼実はこの払い下げに深く関わりあっていたのが、「天皇って、生理的にイヤヤワ」と言った辻元清美なのだ。辻元の口利きで、なんと14億円の土地が僅か2000万円で落札したのだ。

▼大体がゴミ捨て場の土地だった。伊丹空港の飛行ルートの真下にあり、木造文化住宅が密集してる。このゴミの土地を昭和60年から国が買い上げて再開発が進められた。整備されると豊中市がこの土地に色気をみせた。国の提示額は10億円だったが、それではとても買えない。ところが平成22年なると、なんとこの土地が2000万円で買えることになったのだ。同和の巣窟であった土地が僅か2000万円で買える。豊中市は色めき立った。

財務省のチョンボから森友問題は起こった

画像〔ゴミ捨て場と知った籠池は財務相と掛け合い、8億円の値引きに成功した〕
▼森友学園問題で民進党は「8億円の値引きが安倍総理の意向を忖度したものだ」と大騒ぎしたが、実は隣の豊中市の野田中央公園は14億円も値引きされて豊中市に払い下げていたのだ。しかも、当時の民主党政権で国交副大臣だった辻元清美の口利きだった。

▼このことが世間にバレると民進党は森友学園問題のトーンを下げた。その後辻元は「森友問題」で表舞台に出ることはなくなった。そもそも森友学園の国有地払い下げの真相は財務省のチョンボから始まったのだ。

▼この地域は、豊中市に払い下げた時から産廃が埋まっていることは明らかだった。ところが財務相はあたかも産廃が埋まっていなかったかのような値段で森友学園売り飛ばしたのだ。

▼さらに手続きにも問題があった。本来なら国有地の払い下げは緊急性があるものを除いて原則入札なのだ。ところが財務省は森友学園には、例外の随意契約で払い下げた。しかも提示した価格は産廃が埋まっていないことを前提にした価格だった。

▼森友が建設し始めると産廃が埋まっていた。籠池は怒り心頭に発した。結局、産廃処理に見合った金額、8億円を値引きして財務省はこの問題を収めようとした。安倍首相はなんら関係ない話である。反日メディア(朝日ら)と民進党ら野党は、さも安倍首相が口利きして森友に有利に働きかけたと追求し始めたのだ。昭恵夫人の名誉校長も話に尾ひれをつけた。

▼加計学園も森友と似たところがある。獣医学部新設の認可について、前川喜平前事務次官は「総理のご意向」などで「行政がゆがめられた」と政権批判をした。しかし違法性はなんらない。国民は反日メディアと野党のプロパガンダに踊らされた。

▼むしろ文科省が何ゆえに獣医学部新設が認められないのか、十分な説明をしてこなかった。こっちの方が問題なのだ。

民進党は消えゆくのみ

画像〔安倍が憎いだわ!〕
▼獣医学部の開設は愛媛県や今治市にとっては悲願だった。公務員獣医師
が極端に不足していたからだ。感染症対策、動物由来の薬の開発、ライフサイエンス等、果たすべき役割はに大きい。

▼大学の新設は原則自由だ。だが文科省には申請を認可しないという権限がある。加計学園の獣医学部設置を阻止したいのなら、需要見通しが立たないことを証明すればいい。しかし文科省にはそれができなかった。その結果、52年間も獣医学部新設ゼロということになったてしまたのだ。

▼さすがの文科省も52年間も獣医学部新設を許可しなかったのはまずいと思ったのか、一校だけなら許可しようということになった。その責任者が前川だった。

▼前川は法律で禁止された天下りの斡旋に手を染めた人物だ。天下り斡旋の責任をとって止めた次官が逆恨みして内部告発をした。その告発を「勇気ある告発」などと持ち上げたのが民進党である。

▼民進党には「安倍政権を許さない!」という気違いじみた執念がある。過去に自分たちが推進して容認してきた消費税も、TPPも、秘密保護法制も、安保法制も、憲法改正論議も、共謀罪も、すべてに反対してきた。何でも反対なのだ。安倍政権が提案する施策にはすべて反対なのである。

▼徹底抗戦、廃案路線が民進党の党是だ。そして行き詰まると院外のデモだ。大衆を煽ってデモ隊の中に飛び込んでアジる。そこには熟議も、建設的な提案もない。与野党の政策調整の余地もない。まさに国民を分断させるだけに生きがいを感じている集団なのだ。自身にはアイデンティティはない。あるのは党是だけだ。

▼こんな民進党の行動を、ものも言わずにジッと見ているのが国民だった。次期総選挙では民進党は半減するだろう。特亜の脅威を目の当たりにしても、なんら声明の一つも出さない。そんな民進党は必ず瓦解する。国民はもっと建設的な野党を期待しているのだ。

▼都議選で民進党から何人が離党して都民ファに行ったか。党勢はガタガタなのだ。この集団脱走が終わりの始まりだということが、二重国籍の党首・村田蓮舫にはわからない。苦労人を前面に出す野田も分かっていない。社民党も民進党も消えゆく政党なのだ。わが国の野党はあまりにも左傾化し過ぎている。これでは長続きしまい。消えゆくのみだ。健全な保守野党はわが国では育たないのか…。




画像




トゥ・ラヴ・アゲイン/カーメン・キャバレロ〔1956〈昭和31〉年〕今から61年前のヒット曲です。

〔あの懐かしいオールディーズのポップスと流行歌をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>




画像


現実味のない文在寅の脱原発

画像〔文在寅は脱原発を宣言したが、韓国経済界からは猛反発だ〕
▼原発事故の風評被害は深刻だ。福島第一原発の事故からまもなく6年になる。福島県民は未だに風評被害に苦しんでいる。

▼隣国韓国でも原発事故が相次いでいた。老朽化した原発に目立つ。釜山市郊外にある、韓国最古の原子力発電所、古里原発1号機だ。6/12、韓国産通資部は運営会社である韓国水力原子力会社に原発1号機の廃炉を勧告した。

▼古里原発1号機は事故と不正の連続だった。2012/2/9、定期点検中だった古里1号機において外部電源が停止、非常用ディーゼル発電機も作動しない全電源喪失事故が発生した。事故は1ヵ月も隠蔽された。国際原子力事象評価尺度(INES)でレベル2だ。

▼2013年には、制御ケーブルで試験成績の偽造が発覚。2014年8月には、蒸気を冷却する海水の取り入れ口から豪雨により雨水が大量に流入し停止。

▼仮に古里原発1号機が大事故により大量の放射性物質が放出されたことを想定すると、わが国にも甚大な被害が予測されるのだ。真冬に古里原発から放射性物質が放出された場合、放射性物質は偏西風に乗り、西日本一帯に汚染が広がる。被害を試算した米国のシンクタンクは、最大2830万人が避難を余儀なくされる可能性があると指摘した。

▼6/19、文在寅は古里原発1号機の運転停止の宣言式に出席し、こう宣言した。「原発政策を全面的に再検討し、原発中心の発電政策をやめ、『脱核時代』に進む」「準備中の新規原発の建設計画を全面的に白紙に戻し、原発の設計寿命を延長しない」と明らかにした。

▼文は宣誓式で「福島原発事故では、2016年3月現在で1369人が死亡している」と福島第一原発を引き合いに出し、「先進国は急速に原発を減らし、脱核を宣言しているが、われわれは(原発を)増やし、世界で原発が最も密集する国になった」と懸念を表明し、「新政権は原発の安全性確保を国の存亡がかかった安全保障問題として認識し、対処する」と表明した。

▼1369人。この数字はどこから出たのか。東京新聞だった。昨年3月6日付朝刊で、独自に集計した「原発関連死」は1368人になったと記事にしたのだ。聞いたことのない数字だ。この数字は事故後避難生活で病状や体調が悪化して死亡した人の数だった。

▼東京新聞のガセ記事。今後この数字が一人歩きしないとも限らない。なにしろ相手は愚鮮民なのだ。それでなくとも福島を含めた8県の水産物の輸入禁止を続けている韓国だ。「慰安婦」と同じように、また捏造した数字が定着するかもしれない。

▼中韓がわが国を貶める元凶は、まさに日本なのだ。「南京大虐殺」、「靖国参拝問題」、「慰安婦問題」――すべて日本側から支那や韓国に情報を提供してけ仕掛けたものだ。この東京新聞の1369人死亡≠焉Aわが国から仕掛けたものだ。「反日」日本人。なぜ彼らは日本を貶める行動にでるのか。この平和で世界に類いまれな社会環境の日本で、生活を享受していながら、なぜ彼らは日本を貶めるのか。ならば日本人を止めろ!




-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----
画像

-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----

(30)東京ローズは数人いた?

画像〔アメリカ兵たちに取り囲まれるアイバ・トグリ・ダキノ。彼女はアメリカ兵のお気に召さなかったようだ〕
▼戦争が終わって進駐軍が日本に上陸すると、記者団は我先にと東京ローズ探しを始めた。そして間もなく「東京ローズが見つかった」という一報が彼らの間を駆け巡った。

▼その女性はアイバ・トグリ・ダキノという名の日系2 世の人物だった。彼女は1941年に叔母を見舞うために来日したが、滞在中に日米が開戦して帰国できなくなっていた。そして、アメリカ国籍のままアナウンサーとして採用され、ラジオの前のアメリカ兵に語りかけていた。

▼逮捕されたアイバは横浜刑務所に収容されて巣鴨拘置所に移されるが、1946年10月25日に証拠不十分で釈放された。

▼拘留中、アイバのもとには東京ローズにひと目会いたいとアメリカ兵が面会を求めてやってきた。だが、その声を聴いたアメリカ兵らは、本当に彼女が東京ローズなのかと首をかしげた。ラジオから流れていた女性の声は、艶めかしいウィスパーボイスだったのに、アイバの声はカラカラでお世辞にも美声とは言い難かったからだ。

▼巣鴨拘置所を釈放されたアイバは、アメリカに送還されると再び国家反逆罪で起訴され、禁固10年、罰金1万ドルの判決を受けた。

▼のちに東京ローズは複数いたということがわかったのだが、アイバ以外には名乗り出る者はなく、結局、日本に駐留していたアメリカ兵たちは恋い焦がれた声の主には会えなかったのである。(続)

〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は7月20日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・週刊実話電子版・週刊女性自身電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

986号 瓦解間近の民進党 akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる