akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 981号 民進党よ、投票しないぜ!

<<   作成日時 : 2017/06/20 07:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[前号までで、訪問者総数が501,432人になりました。]
平成28年11月9日、安倍総理大臣が議長を務める国家戦略特区諮問会議は,52年ぶりに獣医学部の新設を認めた。ここで誤解してはならないのは、官邸が総理の意向を受けて、文科省に加計学園の獣医学部を早く認可を早くしろと意向を示したとしても、何の問題もない。特区に指定された今治市に獣医学部の創設を督促したに過ぎないのだ。獣医学部の新設はすでに確定していたからだ・・・・・・



画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
画像◆「自分は正しい」という思考がある。「自分は正しいのだから間違っているのは相手だ」と確信する。持論に都合の良い主張だけを前面に押し出す。これが朝鮮人の心性だ。

◆ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)。1967年に始まったアジアクラブ選手権と1990年からのアジア・カップウィナーズカップを統合して、真のアジアクラブ王者を決める大会として2002〜03年のシーズンから始まった。優勝チームはクラブワールドカップ出場権を獲得する。今回はJ1で浦和が優勝したため浦和と2位の川崎が出場した。

◆5/30、埼玉スタジアム2002でAFCチャンピオンズリーグの浦和レッズと済州ユナイテッドが対戦した。日韓の対戦である。済州ユナイテッドは劣勢に怒りが出たのか、白棟圭(ペク・ドンギュ)がピッチに入って浦和のMF阿部勇樹にエルボーを見舞ったのだ。当然、白棟圭はレッドカードだ。試合後も乱闘騒ぎは続いた。

◆済州ユナイテッドの白棟圭とチームは国際社会から批判されたのは当たり前だ。しかし彼らは「正しいはずの自分達」が劣等性の生き物として、「不当に」批判されたことに我慢できない。

◆「反日」思想と「日本侮蔑」の心性に犯された彼らにとって、加害者として不当に評価されたことが悔しくてならない。彼らの発想では「正しいのは自分達であり、間違っているのは日本のはず」という発想が先にある。日本がいかに間違っているか。下位の序列にある(儒教的)日本にはなんとしても上位に立たなくてはならない、という発想が身体に沁みついているのだ。

◆鮮民は今回の事件ではイメージとして、最も効率的なのが「被害者になる事」だと学習した。肘鉄を食らわした韓国の選手は、浦和の選手と衝突した原因を引き起こしたにもかかわらず、「本来被害者は自分達なのだ、日本は加害者なのだ」という思想でアタマがイッパイなのだ。これはこの選手だけではない。韓国人すべてがこの意識なのだ。

◆彼らの発想には、証言が食い違っても矛盾していても関係ない。彼らが望むのは証拠の積み重ねではなく、「被害者が済州で加害者が浦和である」というイメージだけなのだ。

◆彼ら(韓国)は必ず日韓の二者で話し合い等をして解決しようと言ってくるはずだ。しかしこれは最もやってはいけない行為なのだ。わが国が問題提起してもまったくの無意味だからだ。

◆暴行事件を起こした選手が日本へ謝罪に来るらしい。謝罪は甘んじて受けても、絶対にアジアサッカー連盟への訴えの取り下げをしてはならない。彼らは浦和がAFCへの訴えを取り下げさせるために謝罪に来るのだ。訴えを取り下げた瞬間、「自分達の正しさが受け入れられた」と発想する。なぜなら彼らの中では「自分達は正しい被害者」だからだ。

◆6/9、AFCは処分を発表した。2枚のイエローカードで退場となった趙容衡(チョ・ヨンヒョン)に6ヶ月の出場停止と2万ドル(約220万円)の罰金、エルボをカマした白棟圭は3ヶ月の出場停止と1万5000ドル(約165万円)の罰金、權韓眞(クォンハンジン)には2試合の出場停止と1000ドル(約11万円)の罰金
処分が言い渡された。

◆また、済州ユナイテッドには4万ドル(約440万円)の罰金処分が下された。
ただ乱闘騒ぎに加わったとして浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金処分が下されたのだ。これを公平とみるかどうかだ。

◆AFCが絶対的な正義とは限らない。「旭日旗」の件があるから信用できないのだ。日本人の価値観が韓国側に通用するという発想で問題を解決しようとした場合、問題は更に悪化していく。今後、韓国戦は心してかかれ。

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
17.06.20
画像



----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----

もう、民進党には投票しない

----🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌------🖌----


「岩盤規制」は既得権者たちの牙城だ

画像〔東京・文京区の日本医師会会館。政府に強力な圧力をかける団体だ〕
▼「岩盤規制」とは、役所や業界団体などが改革に強く反対し、緩和や撤廃ができないことをいう。さまざまな分野で経済成長の観点から規制緩和が行われたが、とくに既得権益を持つ関係者の強い反対にあって改革が出来なかった分野もある。医療・農業・教育・雇用などの分野に多くみられる。「加計学園問題」の背景にあるのも「岩盤規制」と既得権者たちの問題なのだ。

▼「加計学園」の獣医学部新設をめぐって、従来認められなかった(文科省が許可しない)ものが、国家戦略特区で急に認められたことに民進党が疑惑を挟んだことに端を発する。では、国家戦略特区とはどのように意思決定されるのだろうか。

▼加計学園問題の背景は「規制緩和の是非」だ。問題は獣医学部新設である。これはいわゆる「岩盤規制」で、その突破はこれまで容易ではなかった。

▼医学部や医大の新設には医師会が反対する。獣医学部もその構造は全く同じだ。こうした参入障壁は有害無益であることは言うまでもない。

▼文科省は「過剰供給にならないように」規制してきたというが、現場を知らない役人が将来の需給を見通すことは事実上不可能なのだ。獣医学部新設が規制で許可できなかったのは、その背後に農水省がいて文科省に圧力をかけている。

民進党も推進した加計学園の獣医学部創設

画像〔民進党も推進した加計学園獣医学部新設現場〕
▼規制緩和を推進する立場の者は原理原則に忠実だ。不合理な参入障壁があると、経済的な利益の逸失は大きい。これに対し、規制緩和に反対する立場の者は、一般に既得権側である。そのため、「新規参入を認めると、悪徳者がはびこり国民が不利になる」と説く。今の既得権者だけが最善という前提だ。そして制度改正を阻止しようと行動する。

▼加計学園問題の場合、安倍政権になってから規制緩和の動きがでてきたのは事実だ。だからといって加計学園理事長と安倍首相が友人だというだけで問題視するのは意味が無い。

▼規制緩和の手続きは、国家戦略特別区域諮問会議で行われる。発案者は安倍首相ではない。安倍首相の個人的な意向が入り込む余地などはない。

▼今治市はタオル産業や造船業が盛んな市で、経済的環境は比較的がいい地域だ。その今治市は獣医学部を誘致したいと強く願っていた。若者が地元を離れてしまう。その最大の理由が大学がないことにあると考えてた地元の議員が、40年以上前から精力的に大学の誘致をしてきた。

▼なかなか誘致できる大学が見つからない中、10年ほど前に手を挙げてくれたのが岡山を拠点とする加計学園グループだった。

▼加計学園の獣医学部新設を積極的に後押ししたのは地元の県議や市議そして国会議員たちだ。その国会議員の中に民進党の高井や江田五月、白石洋一がいたのを忘れてはなるまい。

「岩盤規制」に穴を空ける獣医学部の新設

画像〔防疫で活躍する獣医。鳥インフルエンザや口蹄疫など今後獣医の活躍場面は増える〕
▼今治市が教育特区になったのは民主党の鳩山政権の時代だ。獣医学部新設の文科省ヒアリングは菅政権の時代に行われている。つまり民主党政権下で、加計学園の獣医学部設置は具体的に動き出したのだ。発端が民主党政権時代だったことを忘れてはなるまい。だが獣医学部新設の申請はおりなかった。これが菅官房長官の言う「岩盤規制」なのだ。

▼10年間も文科省が認可を下さなかった理由は、勿論、獣医師会の抵抗が強かったためだ。獣医学部を増やせば獣医が増える。既得権益を守りたい側と文科省が手を組んだことによる結果なのだ。さらに文科省が手を組む理由は、天下りの利権がらみもあった。

▼文科省の前川事務次官は組織的な天下り斡旋で辞任したが、退職金は8000万円だった。前川は高額な退職金を支給されて退職したが、退職は本意ではなかった。逆恨みからか、このオトコがあらぬ詭弁を発したから国会は紛糾した。

▼ここで誤解してはならないのは、仮に官邸が総理の意向を受けて、文科省に加計学園の獣医学部を早く認可を早くしろと意向を示したとしても、何の問題もない。特区に指定された今治市に獣医学部の創設を督促したに過ぎない。獣医学部の新設はすでに確定していたからだ。

▼平成28年11月9日、安倍総理大臣が議長を務める国家戦略特区諮問会議は52年ぶりに獣医学部の新設を認めた。

▼民主党政権では官僚に舐められて進まなかった案件を安倍政権が政治主導で進めたということにつきる。

最大の被害者は今治市

画像〔肝心の討議はそっちのけで、現実を無視したなんでも反対の野党に、国民はウンザリしている〕
▼今治市の獣医学部大学の公募に応募したのは加計学園だけだった。加計学園が今治市に獣医学部を新設することに力を入れていたのは民進党の議員たちであった。国会で安倍を責める民進党議員は当時の経緯を封印してしまっているのだ。

▼どうしても安倍官邸側に問題があるとは思えない。法的にも道義的にも、この問題を大袈裟に騒いでいるのはマスコミと野党だけだ。悪質な印象操作だ。

▼最大の被害者は今治市だろう。長い時間をかけて、努力した成果がようやく実りつつあるのに、マスコミと野党が政争の具にしてしまった。地元は激怒している。騒動が大きくなれば、今治の県議、市議など地元の人が真実の声を上げて抗議するだろう。

▼加計学園問題の真相は、安倍政権にダメージを与えたいマスコミと、既得権益を守りたい官僚と野党の3者がスクラムを組んだ倒閣運動なのだ。

▼ありもしないスキャンダルをでっち上げ、貴重な時間を費やす。国民はウンザリだ。世論調査の結果でも安倍内閣の支持率は落ちていない。国民は利巧だ。分かっているのだ。国民は次期総選挙では、もう民進党に投票しないだろう。村田蓮舫はじめ、森裕子などなんでも反対の野党には、もうウンザリだ。




画像




二丁目の子守唄/ミルバ〔昭和54年〕

〔あの懐かしいオールディーズのポップスと流行歌をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>




画像


「ズワイガニワッパー」も反対ッてか

画像〔ハンバーガーの包装紙が「旭日旗」に似ていると批判されては、もはやバーガーキングは韓国から総引揚げしたほうがいいのではないか〕
▼バカもここまでくれば、もう嗤い話だ。バーガーキングが先月発売した「ズワイガニワッパー」のことだ。

▼バーガーキングといえば、1954年にスタートしたマイアミのハンバーガーレストランの老舗だ。そのバーガーキングが韓国に展開する店舗で一斉に販売したのが「ズワイガニワッパー」だ。

▼このハンバーガー、ズワイガニを謳っているだけあって、その包装紙もズワイガニをデザインした。写真の通りである。

▼ところが骨がらみで「反日」が沁みこんだ鮮人は、この「ズワイガニワッパー」にイチャモンをつけた。包装紙が「旭日旗」に似ているというのだ。おおー! 似ているワ!

▼さっそくこの話題に飛びついたのはネットユーザーだった。彼らは激しく抗議し、ファストフードにまで「親日」レッテルを貼った。バカもここまでくると嗤うしかない。

▼赤縞が入っていればなんでも「旭日旗」なのだ。 バーガーキングは「親日企業」だとして不買運動に発展しそうな勢いなのある。バーガーキング側は「カニをただ形象化しただけ」と困惑しているが、ごもっともだ。

▼かつてある芸人が、赤縞の服を着て放送に出演したことで非難を浴びたこともある。数年前には駅前の広場を空中から見たら、中央の噴水の形が旭日旗に似ているという批判もあった。まさに「旭日旗」は社会の全分野で魔女狩り≠ノなっている。

▼「旭日旗」論争は民族主義的コンプレックスだろう。カニのデザインから旭日旗を連想するのは異常だ。李栄薫京城大名誉教授もこういう。「いつもそうであるように旭日旗論争も日本に対して抱いている一種のコンプレックスの働だ」と。

▼バカな鮮人の異常な「旭日旗」感覚は、反日・嫌日情緒を助長させ、思想と表現の自由を脅かす危険なレベルまで進化している。

▼韓国のある視覚デザイン学科教授は「旭日旗の模様は視線集中効果がある普遍的デザイン」としながらも「後光や日光を表現した単純な図案でも批判の声を意識して使わないことが多い」という。バカが韓国内で表現の自由を萎縮させているのだ。あッ、韓国には言論・表現の自由はなかったか。




-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----
画像

-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----

(25)日本にやってきた「鬼畜」

画像〔朝鮮戦争当時の米軍専用の慰安所〕
▼「鬼畜英米」と呼んで恐れ、戦ってきた連合軍兵士がこの日本を占領しにやってくる――それは第二次世界大戦で初めて敗戦を味わうことになった日本人にとって、想像もできないほどの恐怖だった。

▼「連合国軍兵士が来たら何か起こるかわからない」「婦女子は兵士に暴行されるかもしれないから今のうちに逃げたほうがいい」。そんな噂が広がり、人々を震え上がらせたのだ。

▼連合国軍の最初の上陸地だった神奈川県では、県民に対して心構えを知らせた。心構えは、「連合軍の進駐は政府と平和的になされるもので、国民は平常通り安心して生活されたし」というものであったが、婦女子については特別に注意書きがあった。

▼「特に女子は、日本婦人としての自覚を持って外国軍に隙を見せぬこと」、「婦女子はふしだらな服装を慎み、人前で胸をあらわにしたりしないこと」など、やはり婦女子への暴行の心配が強調されていた。

▼事実、進駐軍の素行を調査していた特高警察の記録によると、8月30日から9月10日までのわずか12日間で9件の強姦事件が起き、1ヵ月後には膨大な数になったといわれている。

▼政府はこの現状に危機感を募らせた、「婦女子の操を守る防波堤」として国策の慰安施設の設立に踏み切るのである。
(続)

〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は6月25日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・週刊実話電子版・週刊女性自身電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

981号 民進党よ、投票しないぜ! akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる