akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 966号 ソメイヨシノは韓国起源ではありません

<<   作成日時 : 2017/04/05 07:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[前号までで、訪問者総数が477,331人になりました。]
新入生がサクラの下で写真に収まる。そんな光景がわがニッポンの姿なのだ。それをソメイヨシノは韓国起源だなどと言われて黙っていられるか。「ソメイヨシノは元々朝鮮文化であった。それを植民地支配によって奪い、全て日本起源にしてしまった」。韓国人はトンデモない論理を展開する。結局、日本に対して強い文化的コンプレックスを持っているということだ・・・・・・



画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
画像◆左派親北政権の誕生が現実味を帯びる韓国。「核武装論」も勢いを増している。「共に民主党」の前代表・文在寅(ムンジェイン)が大統領になれば「北の同胞は同じ民族だ」として北の「核」を容易に承認するだろう。核保有は韓国の悲願なのだから。◆ちょっと古い話。1969年、ニクソンは東アジアから軍の撤退をチラつかせた。今のトランプと同じスタンスだ。韓国がニクソン・ドクトリン≠ノ震えたのは目に浮かぶ。◆朴槿惠のお父つぁん、朴正煕は自主防衛の道を探った。そして1972年、核開発を指示したのだ。◆不穏な動きを見せる韓国にアメリカが圧力をかけた。それでも後継の全斗煥は核拡散防止条約(NPT)を批准させて、核開発を推進したのだ。◆1982年にプルトニウムを抽出した。時代は進み2004。IAEA(国際原子力機関)調査で韓国が2000年にウラン濃縮実験を進めていたことが発覚した。アメリカは激怒し国際社会は激しいバッシングを韓国に浴びせた。その結果。韓国は2017年までIAEAの監視下に置かれることとなった。◆今、韓国はSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を搭載する3000t級の潜水艦製造に意欲を見せている。SLBMは核弾頭を搭載しなければ意味がない。◆実は韓国は粛々と国家目標を立て、戦略的に核開発を進めてきたのだ。それは韓国の置かれた地政学的な歴史による。◆国境を接する北朝鮮の核の脅威。日本は歴史を反省もせず虎視眈々と韓国の再侵略を目指している。ロシア、中国は韓国をいまでも属国扱いだ。疑心暗鬼なのだ。◆韓国が核を入手すると何が起こるか。赤く染まった統一コリアが中国に接近し、大きな後ろ盾を得た文在寅と金正恩は米国の干渉を撥ねつけるだろう。◆北朝鮮主導で統一が実現すれば、さらに慰安婦像は世界に増設され、「拉致問題」は永久に闇のなかだ。この状態でわが国はどう対処すればいいのか。まずは価値観をともにするアメリカとの関係を強化することだろう。「国益を主張する日本」を鮮明にすることである。◆わが国は長い時間がかかる核開発は現実的な選択肢ではない。むしろ通常兵器を強化すべきだ。◆空対地ミサイルや巡航ミサイル、弾道ミサイルの新規開発、空中給油機、情報収集衛星の増強など、使える兵器の強化を図るべきだろう。◆朝鮮半島の核保有という「悪夢」はそこまで迫っている。
-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
17.04.05
画像



サムライ、剣術、剣道、日本刀、サクラ@なんでも韓国起源

画像〔入学式にサクラは欠かせない。ソメイヨシノは日本人の心性と同調する。韓国起源だなんてトンデモない〕
▶満開の櫻――毎年、サクラが咲く頃は卒業式があり入学式があり、人事異動や歓送迎会がある。もう昔のことになるが、この時期、場末の飲み屋には、おじさん達が花束を抱えて俯いて酒を飲んでいたっけ。そう、定年退職の時期でした。

▶そういう愚生も、もう十数年前になるか。この感慨を味わった。忘れて久しい。ある門前町の割烹の廊下から、木製引き戸のガラス越しにチラチラ散るサクラの花びらを眺めて感傷的になったのは、もう遠い昔のことだ。送別会だった。

▶さてサクラだ。毎年くり返されるので、最早ウンザリなのだが、今年もお隣のチョンはサクラの起源は韓国だと喚き始めた。この時期がくると飽きもしないで「サクラ」の起源を主張する。

▶今年は韓国によるソメイヨシノの起源主張は、例年に比べるとトーンが低くなっている。やはり政治・経済の混乱が原因か。それに今年1月、国立研究開発法人 森林総合研究所が公式に韓国の王桜(エイシュウザクラ)とソメイヨシノは遺伝的に異なることを明らかにしたことも影響しているのか。

▶韓国は「サクラ」に限らずなんでもわが国古来の伝統を韓国起源と主張する。「サムライ」「剣術」「剣道」「日本刀」などは以前から韓国起源だと言い張ってきた。この場合は、問題発覚後、わが国の全剣連などが中途半端な対応をしたのがいけなかった。韓国を慮って「トラブルを避ける」たことがいけなかった。当然チョンは増長する。2000年代以後、韓国では「サクラ」に限らず「日本刀」や「剣道」などは韓国起源説をどうどうと主張しているのだ。

植民地支配で朝鮮文化が盗まれた

画像〔国立森林総合研究所はソメイヨシノと済州島の王桜とはまったく別物だと公表した〕
▶国立研究開発法人 森林総合研究所は、韓国と「対等の論争」さけて明確に学術的な観点に絞ってソメイヨシノと王桜(エイシュウザクラ)が別物である点を証明ししたのだ。それを国際社会に発表した。

▶韓国起源説において韓国人が最も恐れているが「日本人に問題を知られる事」なのだそうだ。真実を知られることを恐れていたのだから、今回のように正面切って国際社会に王桜はソメイヨシノではない、と言い切られると身も蓋もないのだ。

▶韓国が国際社会へ向けて起源を主張の手法にはパターンがある。まず日本は朝鮮人が移民して作り上げた国だということだ。日本文化の大半が朝鮮文化のコピーだという論理なのだ。

▶そして彼らは、元々朝鮮文化であったものを植民地支配によって奪い、全て日本起源にしてしまった、というトンデモ論理なのである。

▶この発想の裏側にはある思いは、朝鮮人は日本に対して強い文化的コンプレックスを持っているということだろう。

▶彼ら、朝鮮人はさまざまな国で、このロジックで日本を加害者として宣伝する。日本は加害者というイメージで外国人を味方につけようとする。そして外国人に日本を批判してもらうのだ。何世紀も前から朝鮮人は他国を利用して生きてきた。

国家的ウリでサクラの韓国起源を主張

画像〔タイダルベイスンの湖畔に咲く満開のサクラ〕
▶韓国の作戦はまんまと当たりつつある。アメリカの大学の学長などは「済州島の王桜が日本に渡って、日本の園芸師達によって増殖された。今から100年前にワシントンD・Cのタイダルベイスンの湖畔に植栽された櫻は王桜が造成されたのだ」と信じて疑わない。

▶「日本が何か言ってくる前に既成事実による地盤を作る」――これが韓国人の根性なのだ。「慰安婦像」をアメリカに設置しているのもこの手の発想だ。

▶今や「ソメイヨシノ韓国起源説」は韓国が官民挙げて推し進めている事業なのである。右派も左派もない。こういう時は韓国はウリ≠ニいて団結してしまうのだ。

▶森林総合研究所のプレスリリースは、実は韓国にとっては極めて具合の悪い発表だったのだ。

▶「韓国起源説」を主張するときは必ず韓国人は外国人を矢面に立たせる。そして日本を批判させるのだ。2020年東京五輪・パラリンピックで「空手」が新種目になったが、必ず奴らは「空手」の起源は韓国だと言い出す。見ていればわかる。しかも外国人にそう言わせるから。

▶一年に一度のサクラの季節だ。小学校の新入生がサクラの下で写真に収まる。そんな光景がわがニッポンの姿なのだ。それを「韓国起源」だなどと言われて黙っていられるか。愚民め!




画像




朧月夜「尋常小学唱歌 第六学年用」/クラウン少女合唱団〔大正3年〕

〔あの懐かしいオールディーズのポップスと流行歌をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>




画像


日本のサルベージ会社を排除した結果がこれだ

画像〔引き揚げられたセウォル号に行方不明者の人骨が! 実は豚の骨だった〕
▶修学旅行中の高校生ら295人を死亡させたセウォル号の引揚げ。なぜ3年もかかったのか。船体をそのまま引き揚げるにはかなり難しい技術が必要だった。

▶当初韓国では解体して引き揚げる案が検討されていた。安易に考えていたのだ。そうだろう、韓国には船体ごと引き揚げる技術はなかったのだ。

▶結局、2015年、政府は国際入札に踏み切り、中国の「上海サルベージ」を主体とするコンソーシアム(共同企業体)を最終確定した。入札金額は851億ウォン(約84億6300万円)だという。

▶2位は98億4500万円の中国企業、3位は99億3500万円の米国・オランダのJV企業だった。そこにわが国の企業の名前はなかった。「反日」韓国は国民感情を考慮して日本を入札に参加させなかったのだ。セウォル号は日本の中古品なのに。

▶で、引き揚げたセウォル号で「人骨」が見つかったと騒然となったのだ。骨片は、行方不明者の遺骨ではないか。遺族は船で現場海域に繰り出し涙した。

▶骨は7点あったという。国立科学捜査研究院が綿密に調べた。結果は豚≠フ骨だった。う〜ん。なんと言えばいいのか。嗤ってはいけないのだろうが、阿呆! というべきか。赤っ恥だ。愚民はやることが粋≠セわネ。




-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----
画像

-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----

(10)死んだ軍人、死ななかった軍人

画像〔阿南惟幾は玉音放送を聞くことなく割腹自殺を遂げた〕
敗戦時、鈴木貫太郎内閣の陸軍大臣に就任した阿南惟幾〔あなみこれちか〕は玉音放送を聞くことなく、15日の早朝、割腹自殺を遂げた。また降伏に納得できずに反乱を起こそうとした畑中健二少佐や椎崎二郎中佐らは、計画に失敗して自決した。

9月に入ると戦犯容疑者にリストアップされた杉山元元帥、元厚生大臣の小泉親彦〔ちかひこ〕、元文相の橋田邦彦が自ら命を絶っている。戦時中の罪を逃れるための自決だった。東条英機は逮捕にやってきたアメリカ軍を待たせ、その間に拳銃で胸を撃った。しかし弾がわずかに急所をはずれたために一命を取り留めたのだ。戦時中の東条は、生きて捕虜となるくらいなら自決せよと兵士の心得を唱えていた人物である。

「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」と戦陣訓を常に口にしていた東條の自決の失敗は世間の物笑いとなった。軍人とは思えないような失態だと大いに非難を浴び、後に<東条は極悪人>のレッテルを貼られる結果となったのだ。(続)

〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は4月10日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・週刊実話電子版・週刊女性自身電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

966号 ソメイヨシノは韓国起源ではありません akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる