akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 965号 内戦か、それとも北朝鮮に服従か

<<   作成日時 : 2017/03/30 06:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[前号までで、訪問者総数が475,586人になりました。]
文在寅政権は謂わば「極左政権」だ。それでなくても「禁韓令」により経済がメチャクチャになったのに、文在寅政権誕生で韓国経済は壊滅的に破壊されるだろう。「不正蓄財財産を国庫で還収する法案」の実現を目指す文在寅は、朴槿惠と崔順実の財産を真っ先に没収する・・・・・・



画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
画像◆今回の学習指導要領改定で「聖徳太子」と「鎖国」を抹殺≠オた左系の官僚が、国民の激しい反発にあい、次期改定では「聖徳太子」を復活するという。バッカじゃねぇか。◆今年2月に文科省が公表した中学校の次期学習指導要領改定案では、現行の「聖徳太子」が「厩戸王(うまやどのおう)」に変更されていた。◆学校の現場が混乱したことは言うまでもない。あの悪名高いゆとり教育%ア入のときと似ている。官僚のおじさんたちが、手前ぇの思惑だけで決定しているから、ハァ〜、国民の意識とはかけ離れているのヨ。◆今月19日、手前ぇが一番エライ、アタマがいいと思っている文科省の官僚が、「学校現場に混乱を招く恐れがある」として、現行の表記に戻す方向で最終調整していることがわかった。◆結局、秀才はどっかヌケているのヨ。凡才の我々がそんなに自分を卑下することはない。あいつらよりは、よっぽど苦境の生活術を心得ているのだから。◆で、「鎖国」も復活させるんだとサ。嗤っちゃうネ。文科省は改定案公表後にパブリックコメント(意見公募)を実施した。横文字を使うなって! 結果は、呼称の変更に批判的な意見が思いのほか多かったので、自分が優秀だと思っている官僚は焦ったんだ。教員からも「小中で呼称が異なれば子供たちが混乱する」「指導の継続性が損なわれる」といった意見が多く出た。◆これには左系の官僚は参った。それでなくても森友≠ナ批判に晒されている文科省だ。ここは一番、涙を堪えて「聖徳太子」を復活した。しかし、官僚は汚い。小学校、中学校ともに「聖徳太子」の表記は統一するが、中学校の教科書では日本書紀や古事記の記載されている「厩戸皇子」を明記する、として調整しているのだ。◆民進党は臍を噛んでいるだろう。衆院文部科学委員会で、間抜けな民進党の笠浩史が声を張り上げて「聖徳太子」の表記をめぐって、「厩戸王」に改めよと迫ったことが笑い話だワナ。◆参院文教科学委員会で無所属クラブの松沢成文は「いろいろな学者の意見があるが、過度に影響されてはいけない。普遍的な価値を伝える歴史教育を考えなければいけない」と強調した、と発言したがその通りだ。◆駒沢大の石井公成教授は「厩戸王は後代のイメージに縛られず研究するため戦後に想定された名。古代の主要史料には見られず、実名のように扱うのは不適切だ」と批判している。◆なんでも反対≠フ左系は一体、わが国をどう変えたいというのだろう。聖徳太子像が、わが国・国民の心に染みこんで、古代日本や現代に至る日本のイメージの根幹になっていることを考えれば、文科省の左系官僚は、結局わが国をアカ≠ノしようとう意図が読み取れるではないか。ックソ!
-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
17.03.30
画像



韓国で内戦が起こるか

画像〔従北政権発足に危機感を抱いた保守勢力が、やっと太極旗を振りかざしてデモをしたが、遅すぎた〕
▶韓国に立ちこめる「内戦」の空気。朝鮮半島は「赤化統一」されるのだろうか。海を隔てた報道で見る限り、韓国で「内戦」が起こっても不思議ではない状況だ。危機をはらんだ不穏な空気を感じる。

▶朴槿惠が罷免されて行われる次期大統領選では、「従北」候補が最有力だ。朝鮮半島「赤化統一」は現実になるのだろうか。

▶従北政権の発足を見越して保守派から早くも倒閣運動の声も上がっている。今後どう変化するか分からない。動き次第では国家分断の危機が強まることが予測される。世論調査でトップに立つ最大野党「共に民主党」の文在寅前代表は2位以下に10ポイントの差をつけ断然リードしているのだ。

▶保守的な朝鮮日報は13日付社説でこう指摘した。
<文氏は『当選すれば直ちに開城工業団地と金剛山観光を再開する』と明言している。これらは国連による制裁に違反するのはもちろん、北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩委員長の息を吹き返させ、米国とも深刻かつ無用な対立を引き起こすだろう>

▶開城工業団地は北朝鮮南部の開城市郊外にある経済特別区である。韓国の企業が2016年2月まで操業していた。南北経済協力事業の象徴であった。北朝鮮にとっては開城工業団地から入る収入は年間約115億円にもなる。これを原資として核やミサイル開発に充てられたのだ。

▶2016年2月10日、北朝鮮による弾道ミサイル発射実験に衝撃を受けた韓国政府は、開城工業地区から北朝鮮へ流入する資金を絶つことを目的に操業を停止した。もっと早くから実施すべきであった。

「国民抵抗権」で従北勢力に対抗しよう

画像〔2010年11月23日、北朝鮮から延坪島が砲撃されたことを、もう韓国民は忘れている〕
▶金剛山観光も北朝鮮の外貨稼ぎ事業の一つだった。この事業は2008年、韓国人観光客が北朝鮮警備兵に射殺された事件を契機に中断された。開城工業団地も金剛山観光も、北朝鮮が核・ミサイルの開発を中止しない限り再開することはなかったはずだった。

▶ところが文在寅は大統領選にあたって、開城工業団地と金剛山観光の再開をぶち上げたのだ。「再開は大したことではない」と豪語している。大統領に当選したらまず北朝鮮に行くと発言している人物だ。

▶狙いはただ一つ。北朝鮮主導により連邦制で半島を統一し「赤化朝鮮」を実現しようと目論んでいるのだ。

▶文在寅政権が誕生して開城工業団地が再開され、「赤化統一」が現実なものとして顕れたら、米軍は朝鮮半島から撤退するかもしれない。これは保守陣営や軍部にとっては悪夢だ。

▶太極旗を振りかざしてろーそくデモに対抗しているのは、勿論左派政権の阻止である。弾劾決定は憲法違反として「国民抵抗権」を発動しろと訴える。

▶「国民抵抗権」とは政府が体制を揺るがすような政策を取った場合に、国民が街頭に出て政権を倒すことは法的に有効という考えだ。かつて李承晩が民衆運動で辞任に追い込まれたのを覚えておられる方もいるはずだ。このときのことを韓国では「4・19革命」という。愚生も、当時の学生が血みどろになって闘っていたのを記憶している。韓国の今の混乱は、行くところまで行かないと落ち着きそうもない。

もはや救いようがない韓国

画像〔何事にも自分中心主義の韓国人種だ〕
▶韓国が混乱しメチャクチャになったとき、特に注意しなくてはならないことがある。それはわが国の一部野党やメディアが韓国の左系と共闘することだ。

▶文在寅政権は謂わば「極左政権」だ。それでなくても「禁韓令」により経済がメチャクチャになったのに、文在寅政権誕生で韓国経済は壊滅的に破壊されるだろう。「不正蓄財財産を国庫で還収する法案」の実現を目指す文在寅は、朴槿惠と崔順実の財産を真っ先に没収する。

▶大衆も財閥憎し≠ナ文在寅に同調し、遡及立法で財閥を接収を支援する。若者は「ヘル朝鮮」からの脱却を文在寅に期待する。財閥を叩けば経済危機が到来することは、京城大の若者なら分かるはずだ。でも、文在寅の「これが赤化統一への近道なのだ!」というアジ≠ノ惑わされる。

▶わが国の一部野党や左系のメディアは、隣国の極左政権≠ナ勢いづき、慰安婦や戦時徴用などで北朝鮮化した韓国と共闘して日本政府を追及することは必定だ。

▶文在寅政権誕生はわが国にとっていいことは何もない。わが国は隣国とは言え極左政権≠フ誕生を指を銜えて見ているだけか。文在寅政権は誕生させてはならないのだ。どんな汚い手を使っても、日米協同で文在寅政権を拒まなければならない。韓国の保守系はどこか間が抜けているから当にはできない。韓国保守は、まさか同じ人種の北朝鮮が韓国を本気で攻めることはない、と読んでいる。バカチョン、ここに極まりだ。このノーテンキが古代からのDNAの引き継ぎであれば、ハァ〜、もはや救いようはない。愚民め!




画像




春一番/CANDIES〔昭和51年〕

〔あの懐かしいオールディーズのポップスと流行歌をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>




画像


金正男暗殺は北朝鮮女工作員だった

画像〔橋本龍太郎元首相は、支那女の膣攻めにあい籠絡した〕
▶ハニートラップとは、簡単に言えば、女性スパイが対象の男性を誘惑し、セックスをして相手に弱みを摑ませ、脅迫し機密情報を要求する諜報活動の一種だ。つまり「色仕掛け」による諜報活動だ。

▶有名なのはスケベーな橋本龍太郎元首相を籠絡した中国人女性通訳のケースだ。1996(平成8)年、中国政府関係者を夫に持ち駐日中国大使館への勤務経験もある中国人女性との親密な関係になり、●●●コをやったことが発覚した事件だ。

▶この女は北京市公安局の情報工作員だった。橋本とセックスをしながら中国へのODAの増額などを働きかけた。

▶2004年には上海総領事館員が巧妙な罠に嵌まった事件があった。上海のナイトクラブ知り合った女と情を交わした総領事館員は、これをネタに中国公安から「協力者」になれと脅迫される。領事館員は暗号電文を送受信する立場にいた。

▶思い悩んだ領事館員は、領事館内の宿直室で首を吊って自殺した。遺書にはこう綴られていた。
<日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました>
 007のスパイ映画ではない。

画像〔エリートコースから落ちた女たちは「喜び組」に編入され、やがて労働党幹部に抱かれることになる〕
▶北朝鮮に「牡丹小隊」と称する組織がある。テロ特殊部隊で暗殺をミッションとする女工作員チームだ。異母兄・金正男の殺害に直接手を汚したのはこの「牡丹小隊」の女工作員だとされる。「LOL」のTシャツを着たインドネシア国籍のシティ・アイシャ被告だ。東南アジアでカネに困っている美女を囲い込み、専門教育を施してチームのメンバーに育てるのだ。

▶「牡丹小隊」は東南アジア各国で、学力が高く容姿端麗な美女で、家庭の事情で貧困にあえいでいる連中をカネで引っ張り込む。引っ張った美女は金正日政治軍事大学に放り込まれ、外国語の訓練や射撃・戦闘訓練、厳しい山中、海中での特殊訓練を仕込まれる。

▶当然、変装や警備をくぐり抜けて施設に潜入する能力も磨き上げられる。
彼女たちは毒殺≠フ能力を仕込まれ、山の薬草から毒を抽出する実験なども繰り返し行うという。「毒キノコ」や「トリカブト」など、根っこの毒植物を見分ける力も養っている。

▶こうして女性工作員が養成される。金正恩体制になってから、工作員は男よりも女工作員が毒殺する方がコストが掛からないという判断で、世界各地に100人以上が配置された。当然、彼女たちは美人であるからハニートラップを仕掛ける。ベッド・テクニックも徹底的に仕込まれているのだ。

▶美人しかメンバーになれない女工作員。しかもスカウトしたうちの1割しか採用されないのだ。金正男を殺害したシティ・アイシャはエリート中のエリートということなのだ。振り落とされたその他の女は、官僚の天下りと同じで、金正日が作ったダンスや歌のチーム「喜び組」や軍の事務的な部署に回され、一生飼い殺しにされる。

▶橋本元首相が北朝鮮のハニートラップに引っかからなくてよかった。彼女らはトレーナーから万力のように膣をグイグイと締め上げるテクニックを仕込まれているのだ。立った状態でビール瓶を膣でくわえ込み、1時間持たせるというプログラムを成功するまで徹底的に仕込まれる。橋本などは一直線に腹上死≠セったろう。
――北朝鮮、恐るべし、ってか。




-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----
画像

-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----◈-----

(9)帰還しなかった日本兵

画像〔敗戦後も日本兵はアジア各地で独立戦争に参加して、戦闘の指導的役割を果たした〕
終戦を日本国外で迎えた日本兵は350 万人以上いたとされる。彼らの引揚げは敗戦直後から始まり、シベリアに抑留された人を除いて1946年までに帰国作業はほぼ完了した。

しかし、みずからの意志で現地に留まった者もいたのだ。記憶にあると思うが、戦後25年以上たって、横井庄一さん、小野田寛郎さん、台湾出身の日本兵である中村輝夫さんらが発見されたことを覚えているだろう。3人は日本の敗戦を信じられずに、ジャングルに隠れてサバイバル生活を続けていたのである。さらに中にはアジア諸国の独立運動に身を投じた者も少なくなかった。

日本軍がアジアに進出していった目的のひとつに「アジアの国々を欧米列強から解放する」という名目があった。日本が敗れたあと、インドネシア支配を狙って進出してきたオランダと独立軍は激しく対立した。彼らインドネシア独立軍は連合軍に引き渡すはずの武器を密かに獲得して戦ったのだ。

またベトナムでは700〜800人の残留日本兵が義勇兵として独立運動に参加した。のちにベトナム戦争でアメリカ軍を大いに悩ませたゲリラ戦法は、この時の残留日本兵が伝えたものだ。マレーシアには約100人、ビルマ(現在のミャンマー)には100〜2000人が独立運動に参加していたのだ。アジア各地の残留日本兵は約1万人近くも活躍していたのだ。(続)

〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は4月5日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・週刊女性自身電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

965号 内戦か、それとも北朝鮮に服従か akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる