akkeychanの しっかりしろニッポン!   

アクセスカウンタ

zoom RSS 955号 なぜいま「日中戦争」が14年間に?

<<   作成日時 : 2017/02/05 08:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


[前号までで、訪問者総数が461,035人になりました。]
「日中戦争は柳条湖事件からだ」と歴史教科書を改竄した中国。満州事変を日中戦争の始まりなら、今後さらに遡って「日清戦争」も日中戦争の始まりだとなるだろう。日中戦争8年間を14年間に改竄したのは、中共が極めて弱体化しているからではないか。あの広大な大陸の、尋常ではない人民の数を統一
し、喰わせていくことは大変だ・・・・・・



画像

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----
画像◆愚民・韓国がまたバカなことを考えている。時速1000キロで走る「夢の列車」を開発するという。◆わが国のパクリで高速鉄道を造った韓国が、今度は時速1000キロの「夢の列車」というのだ。真空管トンネルの中を超高速列車「ハイパーチューブ」が時速1000キロで走る。◆また見えとハッタリだ。ハイパーチューブはカプセル状のリニアモーターカーのことだそうである。真空管のチューブトンネル≠フ中を走る。◆因みに韓国のリニアモーターカーは悉く失敗している。つまり技術がないのだ。あるのはハッタリだけ。◆しかし関係者は国民向けに胸をはる。2019年までの3年間で開発するという。あと2年だ。喩え実験程度ではあっても、そりゃ、無理だろう。◆なにか間違っていやしないか。わが国に対抗して奇想天外なアドバルーンを上げるのは、まあ、よしとしても、実現不可能な夢≠国民に与えるウソは犯罪ではないか、愚民よ!
-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+----


画像
17.02.05
画像



満州事変

画像〔満鉄の鉄道を破壊した柳条湖事件が日中戦争の発端と主張する中共〕
日中戦争って、1937年〜1945年の8年間じゃなかったっけ。日本軍が蔣介石軍と戦った戦争だと小学校時代に習った。学歴のない愚生でも小学校時代に習ったことは覚えている。

日中戦争が始まる6年前に柳条湖事件という小事件があった。当時、中国東北部の瀋陽近郊の柳条湖付近で発生した満鉄の線路が爆破された事件である。

当然犯人は中国人の仕業と断定した関東軍(当時の中国東北部に駐屯していた日本陸軍)は、宣戦布告して中国東北部を占領した。つまり満州全域を占領したのである。

日本が日露戦争により手に入れた中国東北部(満州)と鉄道(南満州鉄道)に、中国は強く反発していた。

その後、柳条湖事件は展開して、爆破したのは満州で兵力行使の口実をつくるために仕組んだ関東軍の自作自演だということになった。この南満州鉄道の線路が小爆破された事件が、その後の満州事変の発端となった。つまりここまでは「満州事変」なのである。

今思えば、リットン調査団の結果を受け入れていれば

画像〔満州を調査したリットン調査団は満州国は関東軍の傀儡国家であると認めたのが原因で、わが国は国際連盟の常任理事国を脱退した。これが悪夢の大東亜戦争に発展すると誰が想像したろうか〕
満洲国を認めない国民党政権(蔣介石)は国際連盟に訴え、満州を調査したリットン調査団は、満州国は関東軍の傀儡国家であると認めた。ここから日中戦争が始まるのだ。

リットン調査団の認定に納得しない日本は国際連盟を脱退。1937年7月、北京郊外の盧溝橋付近で国民党軍が発した一発の銃声で日中戦争の火蓋が切って落とされた。小学校で習った。

その近現代史を中国は、またもウソで塗り替えようとしている。日中戦争は14年間だったと言い始めたのだ。なんか唐突すぎないか。今まで中国の中高校の歴史教科書では「抗日戦争(日中戦争)」は、1937年〜45年までの8年間と教えていた。それが突如として、共産党の独善で1931年から45年までに全面修正したのだ。6年間延長したのである。

日本軍と戦ったことのない共産党軍は「日本に勝った」と吹聴するには、その始まりを「柳条湖事件」まで遡らないと辻褄が合わないのか。はたまた日本軍に対するトラウマが消えないのか。

毛沢東が喜んだ南京陥落

画像〔南京陥落-わが国民は沸き返った〕
日中戦争時代、毛沢東率いる共産党軍は国民党軍に追われ、逃げに逃げまくった。その距離、実に1万2000キロにも及んだ。これが共産党軍の「長征」である。中国大陸をぐるぐると2年間に亘り逃げていたのだ。

一方、国民党軍は大変だ。日本の陸海軍と戦い中国共産党軍とも戦わなければならない。止むなく蔣介石は毛沢東と結託した。これが「第二次国共合作」である。

当時、蔣介石の国民党政府は南京にあった。日本陸軍が南京を陥落すると毛沢東は手を叩いて喜んだたという。

いま「義和団の乱」が勃発する中国

画像〔義和団の乱が清政権を崩壊させるきっかけになった〕
2014年7月7日は、盧溝橋事件から77周年だった。習近平は式典で日本をこう批判した。
「日本の歴史否定や歪曲、美化を決して許さない」
「日本は『確固たる史実』を無視している」

中国共産党は今後も「抗日神話」をつくり続けていく。ウソと分かるウソでもいいのだ。日本を敵≠ニして人民を鼓舞しなければ中国共産党の矜恃が保てないのだ。

習近平は「抗日戦争勝利記念日」で、「偉大な勝利は永遠に中華民族史と人類の平和史に刻まれる」と叫んだ。そこには共産党軍は日本軍と戦っていない、というトラウマが見えるのは愚生だけか。

「日中戦争は柳条湖事件からだ」と歴史教科書を改竄して14年間としたのには、中共が極めて弱体化していることを感じる。満州事変が日中戦争の始まりなら、今後さらに遡って「日清戦争」も日中戦争の始まりだとなるだろう。日本を生涯の「敵」にしておかなければ、あの広大な大陸の、尋常ではない人民の数を統一することはできないのだ。

清朝末期、義和団の乱が起こった。秘密結社による排外運動である。西太后がこの叛乱を支持したために国内は混乱。結局、欧米列強と戦争になり北京の紫禁城は制圧された。いま中国に、この義和団の叛乱≠フ芽が出始めていると感じるのは、愚生が甘いからかなぁ〜。




画像




星の流れに/菊池章子〔昭和22年〕

〔あの懐かしいオールディーズのポップスと流行歌をお送りしています。〕
<音量にご注意ください>




画像


「Hell KOREA」は金正恩の軍門に降るか

画像日本から見放され中国からコケにされ、トランプから無視された韓国。

朴槿恵が大統領になったのが韓国の不幸の始まりだった。パックネの実績と言えば、習近平にチマをたくし上げて媚びを売ったことぐらいか。幻の「蜜月関係」に、政府もバカメディアも国民も、一時酔ったという事ぐらいか。実績はなにもないのだ。

パックネの媚びは、北朝鮮の一発の核実験で吹っ飛んでしまった。中国は韓国を助けなかった。習に裏切られたと思い込んだパックネは「神頼み」となって、シャーマンの崔順実にのめり込む。判断力は完全に麻痺してしまった。

パックネの悪政で社会では格差が絶望的なレベルまで拡大し、大学を出ても正社員に採用されなかった。若者はワーキングプアになるしかなかった。「恋愛」「結婚」「出産」「親からの独立」「人付き合い」などは夢のまた夢となった。

経済は疲弊した。鉄鋼業、造船業、石油化学工業は中国製品の安売り攻勢にあって瀕死状態。サムスン電子も、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の連続爆発で致命的打撃を被り、成長エンジンを失った。墜落寸前である。

かつて韓国が危機的状況に陥ると、わが国は決まって救ってきた。本来なら日本に足を向けて寝られないのだ。ところがあろうことか韓国は恩を仇で返す(仏像は返さないが)。慰安婦問題で日韓合意をし10億円を払っても、慰安婦像を撤去しない。それどころかバカは韓国は慰安婦を世界遺産に登録しようと奔走しているのだ。

「反日韓国には何をやっても無意味だ」とようやく気が付いた。日本はもうこれ以上韓国の面倒を見るつもりはない。ハッタリの韓国人は口先ではエラそうなことを言う。その実、実態は絶体絶命なのだ。

この韓国政権の狼狽を見逃すはずがないのが左派だ。左翼は国民を扇動し国中に「朴槿恵よ退陣せよ」の怒声を浴びせる。今年度中に新大統領は決まるだろう。左派が政権を握る可能性は極めて高い。

米軍が朝鮮半島から撤退するのはそんなに遅くはないと読む。韓国は遅かれ早かれ、北朝鮮にのみこまれるだろう。莫迦メディアはその徴候を摑みながら逡巡している。恐ろしくて報道できないのだ。

わが国に韓国崩壊の準備はあるのか。早い時期に韓国から資本を引き上げ、民間人の退去を計画しなければ取り返しのつかないことになる気がするのだが。




画像

画像



(52)江戸っ子の食道楽

画像〔初鰹を買う長屋の住民たち。魚売りが初鰹をさばいて売る。一尾は高いので長屋の住民たちが共同で買った〕
江戸に暮らす庶民たちの楽しみのひとつは、さまざまな「食」であった。江戸っ子にとって高級品の代名詞は、初物と下り物だった。金に糸目をつけずに買い求めたといわれるのが初物で、なかでも「初鰹」は一品だった。

もうひとつ珍重されたのが関西から送られてくる「下〔くだり〕り物」だ。とくに灘や伊丹の「下り酒」は高かった。江戸で最高値の酒は伊丹の「剣菱〔けんびし〕」だといわれた。将軍も飲んだという。

卵に砂糖も当時の高級食材だった(当時は「玉子」と書いた)。ゆで卵は、中クラスの長屋の家賃が月8000円の時代に、1個4、500円ほどという高値だった。

砂糖は古くから中国よりの輸入品(唐三盆〔とうさんぼん〕)で薬扱いだ。高価だったので、江戸では薬種問屋が店の奥に砂糖の壺を秘蔵するほどだった。

江戸では、甘ければ甘いほどよいとされた。玉子焼きは砂糖の量で値段が変わる。ほとんどが砂糖の塊である羊羹は長屋の家賃ほどの値段がした。高級品だった。

画像甘味以外の加工品では蒲鉾が貴重品だった。使う魚によって値段に差があり、安くても1枚2000千円、高いと4000円以上した。江戸っ子は見栄を張るときに、こうした贅沢品を食べた。
(続)
〔資料、文献等は本連載の終了回に報告します〕





*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
次回の「しっかりしろ、ニッポン」は2月10日頃發行予定です。ご愛讀くださいませ。
〔五日毎〈ごとうび〉に更新しております〕
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


画像画像















「朝日新聞」と出版物の不買運動をしよう!
「A級戰犯」の分祀に反對!
「村山談話」「河野談話」「宮沢談話」「菅談話」を白紙撤廃せよ!






+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
<本ブログ掲載記事は下記の資料を参照にしております。>
産経新聞電子版・朝日新聞電子版・読売新聞電子版・日本経済新聞電子版・琉球新報電子版・沖縄タイムズ電子版・電子版八重山日報・八重山毎日新聞電子版・世界新報社電子版・朝雲新聞電子版・iRONNA・夕刊フジZAKZAK・SankeiBiz・iZa・日刊ゲンダイ電子版・日刊スポーツ電子版・スポーツ報知電子版・サンスポ電子版・週刊女性自身電子版・週刊ポスト電子版・共同通信電子版・時事通信電子版・聯合ニュース電子版・朝鮮日報電子版・中央日報電子版・東亜日報電子版・韓国毎日経済新聞電子版・ソウル新聞電子版・京郷新聞電子版・統一日報電子版・大紀元日本語電子版・新唐人電視台・人民日報電子版・新華網電子版・チャイナネットJapan・レコードチャイナ・サーチナ・東方網電子版・北京週報日本語電子版・新華社経済ニュース・Taiwan Today・AFP通信電子版・Sputnik日本電子版・Voice of America電子版・The New York Times電子版 ・Washington Post電子版・Financial Times電子版・東京大学新聞Online・KBS(韓国国営放送)・その他 雑誌「正論」「文藝春秋」、ホームページ、Wikipedia及び書籍等。
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

955号 なぜいま「日中戦争」が14年間に? akkeychanの しっかりしろニッポン!   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる